大阪府指定災害拠点病院

災害拠点病院とは

災害拠点病院とは、災害対策基本法に基づいて都道府県知事が指定する病院で、府内や近県で災害が発生し、通常の医療体制では被災者に対する適切な医療を提供することが困難な場合に、都道府県知事の要請により、傷病者の受け入れや医療救護班(Disaster Medical Assistance Team = DMAT)の派遣を行う病院です。

閉じる

ページの先頭へ

当院の概要と取組み

当院は、2006(平成18)年に大阪府から災害拠点病院(地域災害医療センター)に指定されました。北河内二次医療圏域においては、関西医科大学総合医療センターとともに、その機能を果たしています。
大規模地震等災害が発生した場合に、多数の被災者を迅速かつ円滑に受入れができるよう救命救急センターが中心となり、行政や消防、医療機関等、地域の関係機関と連携した実践的な災害訓練を、年1回実施しています。
また災害時に備えた医療物資や医薬品の備蓄は欠かせないことから、災害発生直後から3日分の入院患者に対応できるよう医薬品や食料品の備蓄も行っています。
災害医療に携わる自己完結型のDMATも保有し、派遣機能を有するほか、枚方防災ヘリポートが当院に隣接して設置されており、傷病者の受入れや搬出を行う広域搬送への対応機能も有しています。
 

閉じる

ページの先頭へ

DMAT(災害派遣医療チーム活動)

DMATとは、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。Disaster Medical Assistance Teamの頭文字をとってDMAT(ディーマット)と呼ばれており、1チームにつき、医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)の4名で構成されます。

当院では、救急医学科を中心とし、DMAT活動にも積極的に参加しています。

閉じる

ページの先頭へ