病院概要・沿革

病院概要

安心・安全の最先端医療提供に努める、開かれた大学病院

関西医科大学附属病院(旧関西医科大学附属枚方病院)は2006(平成18)年1月に開院致しました。開院時から特定機能病院としてスタートしましたが、同年10月には災害拠点病院、2008(平成20)年2月には第三次救命救急センターに、また2010(平成22)年4月にはがん診療連携拠点病院として認可されました。さらに、2012(平成24)年5月には高度救命救急センターとしての認可を受け、北河内地区の中核病院として確固たる地位を築いています。

京阪電鉄枚方市駅から徒歩約3分という交通の利便性と、背後には淀川河川公園の水辺環境を生かした緑豊かな療養環境を備え、31,612㎡の敷地に、延床面積71,851㎡というゆとりある施設を確保しています。

近年、診療体制では複数の診療科が連携して診療を行う「センター化」の推進を積極的に推し進めており、がんセンター、小児医療センター、腎センターを新たに開設し、心臓血管病センターはより横断的な診療体制であることを明確化するために、ハートセンターと名称変更しました。また設備面では、がん治療・緩和センターの開設や手術室の増設、外来診療エリアの再編など、診療機能の強化と環境整備を同時に進めております。

これからもさらに診療機能を強化し、安心・安全で最新の医療の提供に努め、全ての人に平等で開かれた大学病院としての社会的責務を果たして参ります。

施設情報

敷地面積 31,611.88㎡(9,563坪)
建築面積 9,849.56㎡(2,979坪)
延べ面積 71,851.19㎡(21,737坪)
構造 鉄筋コンクリート造(免震構造)
階数 地下1階、地上13階、塔屋2階
最高高さ 67.024m
駐車台数 492台
病床数 751床

医療安全監査委員会

関西医科大学附属病院における、医療安全管理業務の執行状況を監査するために、医療安全監査委員会を設置いたしました。

医療安全監査委員会委員一覧

閉じる

ページの先頭へ

沿革

2006(平成18)年 1月 関西医科大学附属枚方病院開院
特定機能病院に指定
2006(平成18)年 3月 総合周産期母子医療センターに指定
2006(平成18)年 10月 大阪府災害拠点病院に指定
2008(平成20)年 2月 第3次救命救急センターに指定
2009(平成21)年 4月 大阪府がん診療拠点病院に指定
2010(平成22)年 4月 地域がん診療連携拠点病院に指定 
脳卒中センターの設置
2012(平成24)年 4月 診療情報分析室の設置
2012(平成24)年 5月 高度救命救急センターに指定
2013(平成25)年 4月 病院隣地に関西医科大学枚方学舎が開設
2013(平成25)年 6月 大阪府エイズ治療拠点病院に指定
2013(平成25)年 8月 臨床検査部ISO15189認定 
医療クラーク統括室の設置
2014(平成26)年 4月 手術室増室(17室→18室)
2014(平成26)年 4月 がん治療・緩和センターの設置
2015(平成27)年 9月 小児医療センター・腎センターの設置
2015(平成27)年 10月 ハートセンターの設置
2015(平成27)年12月 がんセンターの設置
2016(平成28)年 4月 病院名を「関西医科大学附属病院」に変更
2017(平成29)年 4月 ドクターカーの運用を開始
2017(平成29)年 4月 アレルギーセンターの設置
閉じる

ページの先頭へ