病院長挨拶・病院理念

病院長挨拶

澤田  敏

関西医科大学附属病院病院長 澤田  敏

 本院は関西医科大学の教育理念である「慈仁心鏡」すなわち、慈仁(めぐみ)を心の鏡とした「安全で安心の医療」を基本姿勢とし、「特定機能病院」として最先端の医療機器を駆使した高度・先進医療の開発と提供を行う医科大学附属病院です。我々の行動規範は常に「医療を受ける患者側の目線」に対する配慮を怠ることなく、また、治療の結果のみならず、その過程においても、更に、精神面や接遇面でも満足して治療をお受けいただけるように行動することです。
 本院は「特定機能病院」として我が国の医療界を常にリードする使命を負っております。また、地域においては大阪府北河内医療圏における基幹病院の一つであり、患者にとって「最後の砦」としての大きな社会的責任もあります。これらの事を強く自覚し、我が国にとっても、また、地域にとっても必要欠くべからざる医療機関となるよう一層の努力をして参ります。幸いにも本院は国から「災害拠点病院」、「がん診療連携拠点病院」、「高度救命救急センター」の指定も受けており、診療内容の多様化にも対応しております。今後も、広く地域医療機関との連携強化を図り、当医療圏全体の医療の充実に貢献して参ります。
本院は隣接地にある医学部や附属研究施設とのコラボレーションを密にし、医学教育施設、医学研究施設、診療施設としての総合力を発揮しながら、本来の使命である大学附属病院としての医療の充実と発展を第一に邁進する覚悟であります。
今後は開院以来築かれた長き足跡を踏襲しながら、更に安全で質の高い医療を提供できるよう、職員ともども一層の努力をして参ります。引き続き皆様方のご支援ご鞭撻を重ねてお願い申し上げます。

ページの先頭へ

閉じる

病院理念

慈仁(めぐみ)を心の鏡とした、安全であたたかい医療を提供します。

基本方針

  1. 患者の意思を尊重し、安全な医療に最善をつくします。
  2. 医療人の責任と自覚を持って、チーム医療を行います。
  3. 地域の医療機関との連携を深め、地域社会に貢献します。
  4. 先進的な医学研究にとりくみ、質の高い医療を行います。
  5. 医療機関として人間性ゆたかな優れた医療人を育成します。

ページの先頭へ

閉じる