関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
診療科目・医療体制

診療科目

リウマチ・膠原病科

リウマチ・膠原病科

リウマチ・膠原病科 科長 尾崎 吉郎
当科では、関節リウマチと膠原病全般に対する診療を行っております。関節リウマチは200〜300人に一人はかかってしまう病気ですので、非常にたくさんの患者さんがいらっしゃいます。関節リウマチは、病状の不安定な時期などには、内科的な側面と整形外科的な側面の両側面からの治療計画が必要な病気です。当科では内科医と整形外科医とが連携して治療することでよりよい治療を実践できる体制を作っております。また、地域のクリニックや病院のリウマチ専門医の先生方との連携も非常にスムーズに行えております。治療によって安定した後は、普段はかかりつけの先生、何かあったときには当科で、というような地域連携での受診患者さんも多くいらっしゃいます。
関節リウマチ以外の膠原病に関しては、近隣に膠原病の入院治療を行える施設が少ないこともあり、北河内地区の基幹病院として多くの患者さんの診療をさせていただいております。また、関節リウマチの患者さんの中には、他の膠原病を合併しているような方もおられますので、この場合も当科で対応させていただきます。
大学病院の利点を生かしつつ、地域の先生との連携を密にすることで患者さんの治療に貢献できる医療体制を目指して参りますのでよろしくお願いいたします。

科の特徴

内科系医師と整形外科系医師の連携により関節リウマチの各病態に対応可能です。近隣には膠原病を専門に診療できる医療機関が少ないため、北河内地区唯一の基幹病院となっています。

科の実績

(2014年実績)

関節リウマチ、乾癬性関節炎、およびベーチェット病に対する生物学的製剤(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、トシリズマブ、アバタセプト、ゴリムマブ)の導入件数は455例。
   膠原病に対する入院患者数は年間115例
   外来診療数は月平均1,150名
   累計(関節リウマチ950名、全身性エリテマトーデス200名、強皮症100名、多発性筋
 炎・皮膚筋炎70名、混合性結合組織病50名、シェーグレン症候群250名、血管炎60
 名、ベーチェット病60名他、1,900名程度)

スタッフ

尾崎 吉郎 准教授

専門分野 認定資格
膠原病全般 内科学会認定医
リウマチ学会専門医
リウマチ学会指導医

和田 孝彦 講師(非常勤)

専門分野 認定資格
関節リウマチ
整形外科
 
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ整形外科医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本リウマチ学会リウマチ指導医

澤井 宏和 助教(非常勤)

専門分野 認定資格
関節リウマチ
整形外科
リウマチ学会専門医

孫 瑛洙 講師

専門分野 認定資格
膠原病全般 内科学会認定医
リウマチ学会専門医

上田 祐輔 助教

専門分野 認定資格
関節リウマチ
整形外科
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ整形外科医
日本整形外科学会リウマチ整形外科医
日本整形外科学会リウマチ学会専門医

嶋元 佳子 研究医員

専門分野 認定資格
膠原病全般
関節エコー
内科学会認定医
リウマチ学会専門医

Q&A 当科へよくあるご質問とその答え

1.膠原病は遺伝するのでしょうか?

    「特定のHLAという組織の型(血液型のようなものです)である種の膠原病にな
   りやすい」などの報告はあるのですが、それのみで膠原病が発症するということ
   は説明できません。そのHLA型を持っているのに膠原病にならない人の方が圧
   倒的に多いからです。「膠原病」に罹りやすい「体質」は遺伝する(かもしれな
   い)、という程度に解釈して下さい

2.ステロイドは使いたくないのですが、他のお薬で治療できないでしょうか?

    同じ膠原病でも、病気の種類や重さによって使うお薬が異なります。ただし、ス
   テロイド(正確には副腎皮質ステロイドホルモン剤)は膠原病の治療において最も
   重要なお薬です。例えば、全身性エリテマトーデスという膠原病は、ステロイドが
   開発される前の1950年には50%の患者さんが5年の内に亡くなるほどの難病でし
   た。しかし、ステロイドを使用する現在では発病してから5年以内に亡くなる患者さ
   んは1%以下になっています。

3.膠原病やリウマチ(関節リウマチ)は治るのでしょうか?

    残念ながら、膠原病や関節リウマチは基本的に治療をせずには治らないとお考
   えください。しかし、お薬を使用している状態で、症状が全く無い状態(寛解)にな
   ることは、珍しいことではありません。お薬をやめることがむずかしいことも事実な
   のですが、上手につきあうことで普通の方と全く同じように生活されている患者さ
   んのほうが多くなっています。

診療科目 一覧

診療受付時間

初診・再診受付

午前8時30分~午前11時30分

再来機稼動時間

午前8時~午後5時

休診日
第2、第4土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12月29日~1月3日)
[代表番号]072-804-0101 [外来予約センター]072-804-2966
予約受付時間(休診日を除く)
平 日:午後 1時30分~午後 4時30分
土曜日:午前11時30分~午後12時30分