新着情報

附属枚方病院に、『Pepper』を導入します

附属枚方病院は、1月15日(金)からソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」を導入します。これは、Pepperの法人モデル「Pepper for Biz」を活用したものです。また、導入にあたっては同日午前11時30分から「任命式」を挙行いたします。


新たに導入される「Pepper」は『関医くん』と命名され、附属枚方病院2階エントランスホールにおいて来院患者さんへの挨拶や、内蔵ゲームを通した外来待ち時間対応、無料送迎シャトルバスの発車時刻案内などの業務に従事する予定です。
また、今後は外部システムとの連携を図ることで「診察待ち時間の表示」や「病気の豆知識の閲覧」などの実現を模索。患者さんが快適に過ごしていただける病院づくりに役立てたいと考えております。

※ソフトバンクロボティクスのPepperを活用し、当病院が独自に実施しているものです。