新着情報

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)院内伝播につきましてのご報告(第2報)

 関西医大附属病院におきまして、3月8日にバンコマイシン耐性腸球菌(以下VRE)の院内伝播が発生したことをご報告いたしました(第1報)。その後の経過につきまして、改めてご報告いたします。

 

 前回の報告以降に、その後のスクリーニング検査で3月12日に新たに1例、保菌者が見つかりました。しかしながら、これまでの間にVREによる感染症を発症されている方はおられません。

 院内伝播防止に向けての入院制限や感染予防策の再徹底などにより、現在も保菌されている入院中の患者さんは5名です。

 

 これまでの経過は関係当局へも報告いたしております。今後とも、職員一同院内伝播防止に努めてまいります。以上、経過についてご報告申し上げます。

 

平成30年3月20日
関西医科大学附属病院
病院長 澤田 敏