新着情報

バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)の影響と対策について

■バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)とは
  1. VREとは、バンコマイシン(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌「MRSA」の治療に用いられる抗生物質)に対して耐性を獲得した腸球菌です(Vancomycin Resistant Enterococci=VRE)。

  2. 腸球菌はヒトや動物の腸に常在する菌で、全ての人が持っていますが、全ての腸球菌がバンコマイシンに耐性を持っているわけではありません。

  3. 普通の健康な人の腸内などにVREがいても病原性が非常に弱いので病気(感染症)をおこすことはありません。そのため、たとえVREが検出されても、健康な人の場合は通常の日常生活において特別に注意を払う必要はありません。

  4. 重篤な基礎疾患を有する人がVREを保菌した場合は、注意が必要です。


VREの感染対策について【手指衛生】
  • VREは便に多く含まれています。このためトイレ後の手洗いが感染症防止に大切なことです。手洗いにあたっては石鹸で充分手を揉み洗いし、流水で流し、清潔を保ちましょう。