患者の権利

  1. 人格的に尊重され、思いやりのある丁重な医療を受ける権利を有します。
  2. プライバシーが尊重される権利を有します。
  3. 安全に配慮した医療を受ける権利を有します。
  4. 医師・医療者から充分な説明を受け、自己の選択に基づく医療を受ける権利を有します。
  5. 医療に関する疑問点を尋ねたり相談する権利を有します。
  6. 診療録の閲覧や、他の医療機関の医師の意見を聞く権利を有します。
  7. 快適性に配慮した環境で医療を受ける権利を有します。
  8. 医療費と医療の公的援助に関する情報を受ける権利を有します。
閉じる

ページの先頭へ

患者の責務

  1. 自身の病気に関する情報を正確に伝えます。
  2. 治療に専念し、病院の規則、指示に従います。
  3. 医療費の支払い請求を受けたときは、速やかに支払います。
閉じる

ページの先頭へ

急性期病院としての役割

当院は急性期を担う特定機能病院です。そのため当院にて専門的な治療が終わり、他院でも診察が可能となった患者さんには、他院への転院をお願いすることもあります。転院に際しては医師、看護師およびソーシャルワーカー等が、転院や退院、在宅による治療を総合的にサポート致しますので、何卒ご理解とご協力をお願い致します。

閉じる

ページの先頭へ

医育機関としての役割

当院は高度医療の提供に加え、医師や医学生・看護学生の研修を行う特定機能病院・大学附属病院として、医育機関の役割を担っています。診療は全て医師の指示のもとに行っておりますので、ご安心の上ご理解、ご協力をよろしくお願い致します。

閉じる

ページの先頭へ

医療クラークについて

当院では、医師の事務負担を軽減することによって、診療をより効率化するために、診察室内で医療クラーク(医師事務作業補助者)が医師に同席することがあります。医療クラークが事務作業を行うことで、医師は診察に一層集中することができます。また医療クラークは医師と患者さんの橋渡し役ともなります。ご不明な点がありましたら、お気軽にお声掛けください。
 

閉じる

ページの先頭へ