概要

二分脊椎症(脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫)は、脳神経由来の症状、排尿や排便の問題、成長発達の問題、下肢の変形等の問題を合わせて抱えている患者さんが少なくありません。これらの症状は複数の科をまたがってしまうため、各科が協力して診療に当たる必要があります。特に頻度の高い脳神経の症状(脳神経外科)、排尿機能の異常(腎泌尿器外科)について連携し、同じ日に外来を受診していただけるように二分脊椎外来を設けました。

ページの先頭へ

閉じる

特色・方針

二分脊椎症(脊髄髄膜瘤、脊髄脂肪腫)は先天性の疾患ですが、患者さんの年齢は小さな赤ちゃんから60歳代までさまざまです。当院の二分脊椎外来では、出生直後の赤ちゃんからご高齢の患者さんまで、さまざまな年齢の方を受け入れています。

排尿の異常や、足の痛みや筋力低下など、二分脊椎の症状の多くは、いったん出現すれば回復は困難です。そのため、症状が出現する一歩手前の状態をいち早く発見し、適切な治療を実施する必要があります。当科では、無症状の患者さんは生涯無症状で過ごせるように、またすでに症状が出現している患者さんは、少しでも症状が良くなるようにすることをモットーとしております。

合併する水頭症については、内視鏡治療を積極的に導入しているのが当科の特徴です。最初から内視鏡を用いて治療するだけではなく、すでに脳室腹腔シャントが設置されている患者さんについても、多くの方のシャントを取り外すことに成功しています。

 

閉じる

ページの先頭へ

担当診療科

診療日程

午前
午後
閉じる

ページの先頭へ

予約方法

地域の医院さんより当院地域医療連携部を通じて予約をお取りください。もしくは当院外来で予約をお取りします。

閉じる