概要

 当院では、院内で働く医師や看護師などの育児中の職員を支援するため、院内保育所を設置しています。産休明けから職場に復帰する際、子どもが認可保育所に入ることが出来ない時の救済措置として重要な役割を担っています。また、夜勤看護師が安心して業務に従事できるよう夜間保育も実施しており、子育てと仕事が両立できるよう最大限のサポートを心がけています。
 

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

職場に保育施設が整い安心して働く環境があれば、女性が結婚・出産・育児と仕事を両立し専門職として能力を生かし働き続けられると考え、2006(平成18)年病院の開設と同時期に附設保育所を15名定員で開設しました。
設置主体は病院で、運営は事業所に依頼し充実した内容の保育運営ができています。
2010(平成22)年に、女性医師の短時間勤務正職員制度や病児の受け入れを導入し、女性医師が職場復帰しやすい環境を整えると、これらの制度を利用する女性医師が年々増加し臨床現場に復帰しています。
2013(平成25)年には、夜間保育をはじめ、制度を利用する看護師は安心して夜勤に従事しています。
看護職の子育て支援体制も各職場に浸透しており、保育所入所のニーズが高まり2016(平成28年)度には、保育所の拡張、および隣接地に病児保育室を設置いたしました。
今後は、男女を問わず保育ニーズに対応でき、就業しやすい職場環境となりますのでご期待ください。

保育所長 

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

院内保育所では、保育士一人ひとりが大切な命をお預かりするという意識を持ち、子どもたちを真摯に見つめ、見守り、勇気づける役割を担っており、保護者とともに子どもを育み、育てられる保育所を目指しています。

当保育所の保育方針

愛をかたちに・・・

■安全で衛生的な環境の中で自ら育とうとする子どもを心身共にサポートして参ります。

■さまざまな経験を通して挑戦する力を促し、希望あふれる日々をすごします。

■保護者の方とコミュニケーションを親密にとり、一人ひとりの個性を尊重します。

 
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

医療関係のみなさんへ

入所対象者:関西医科大学附属病院勤務の職員の児

対象年齢:生後8週間~満2歳児

お問い合わせは附属病院管理課までお尋ねください。

 

閉じる