概要

医療安全管理部は、医療の安全確保と質の向上を目指し活動しています。“医療事故は起こり得るもの”を前提に、個人及びシステムエラーを検証し分析していくことで、医療事故を未然に防ぎ、患者さんへより「安全な医療」の提供を第一の目的として日々様々な業務に取り組んでいます。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当院の病院理念は、「慈仁(めぐみ)を心の鏡とした、安全であたたかい医療を提供します」であり、安全安心な医療を提供することで患者さんに喜ばれることを目指しています。また、特定機能病院として高度の急性期医療を担っており、ハイリスク疾患の患者さんが多く、医療の質と医療安全を高いレベルで維持することが必要です。医療者だけでなくすべての職員ひとりひとりが医療事故防止を強く意識して、様々な角度から患者さんに安心できる医療を提供できるような環境作りに取り組んでいきたいと考えております。

部長 岡崎和一

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

医療安全管理部は、日常的に院内で起きるすべての問題事象を詳細に解析することで、「医療事故の防止は個人ではなく組織が行うもの」という考えに立って積極的に活動しています。
定期的に職員や学生への研修・教育を行いながら、病院内での情報の共有化と医療安全への意識向上を図り、医療事故防止のための具体的対策を立案しています。不幸にして医療事故が発生した際には、迅速にその経過を調査して再発防止のための対策を提言します。さらに患者さんやご家族からの医療に関する相談や苦情には、各担当部署と協力しています。他にも、説明同意文書の確認や、多職種間のコミュニケーションエラーを減らし、チーム医療を推し進めるという考え方に基づいた「チームSTEPPS」研修への取り組みなど、さまざまな業務を行っています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

当院では「患者参加」を推進しており、患者さんと共により良い安全な医療を提供できるよう努めています。
外来診療では、再診時にお尋ねになりたいこと(例えばお薬の調整など)を忘れずに伝えられるよう、担当医への「伝言メモ」を導入しております。「伝言メモ」の利用をご希望される場合は、医師・看護師にお声がけください。
入院診療では、転倒を予防するために、履物はスリッパではなく転倒予防シューズなど滑りにくいものの利用をお願いしています。また、誤認防止のために、患者さん自ら名乗っていただくなどして、お名前の確認にご協力いただいております。

閉じる