医療クラーク統括室

概要

2013(平成25)年11月に設置された組織です。

医師事務作業の負担軽減を目的として、53名(平成29年9月現在)の医療クラークを外来、病棟及び中央部門に配置しています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

開院以来、医師の事務作業軽減を目的として医療クラークが配置されていましたが、2013年11月に医療クラークの質の向上(スーパー医療クラークの養成)と業務の改善を目的として、医療クラーク統括室が開設されました。室員は医師、看護師ならびに医療情報部、管理課、医事課といった関連部門専門職によって構成されています。現在、医療クラークの適切な配置と個々の技能の向上により、臨床各科の医師の事務作業をよりいっそう軽減し、患者サービスの向上に寄与するよう活動中です。

室長 福永幹彦

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

 現在、以下の項目について取り組んでいます。

1.医療クラーク共通マニュアルの作成
2.段階的な増員計画による休日のフォローやローテート体制の構築

3.定例会議開催による情報の共有化と業務上の問題点の把握

閉じる

ページの先頭へ