概要

当科は、乳がんをはじめとする乳腺疾患を専門に扱っています。

乳がんの治療には手術、放射線治療といった局所治療に加え、抗がん剤、ホルモン剤、分子標治療薬による全身治療が必要となります。

また、それに伴うリンパ浮腫などを含めた合併症の治療、治療後のフォローアップを一貫して行っています。当科では、乳がんの特性にあった個別化治療を実践し、安全で安心な乳がん診療を提供するように心掛けています。

【外科学講座のHPはこちら】

次のような症状を扱っています

【当診療科の対象疾患】乳腺疾患(乳がん、乳腺腫瘍、乳腺症、乳腺炎など)
【こんな症状はありませんか?】乳房のしこり、痛み、乳頭からの異常分泌などの乳房の異常。特別な症状がなく、検診などで異常を指摘された方。⇒乳がんの可能性がありますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

乳がんは日本の女性の12人に1人が発病する最も多い悪性の病気で、死亡率も年々増加しています。しかし、乳がんは早期発見によって90%以上が治せる疾患です。乳がんの治療には手術、放射線治療といった局所治療に加え、抗がん剤、ホルモン剤、分子標治療薬による全身治療があります。手術だけでなく、全身治療を含めた集学的治療を行うことによって乳がん再発が防止できます。また、手術のできない進行・再発乳がんであっても、がんの特性に見合った薬物治療によって延命や生活の質の向上が期待できます。

当科では、常に科学的根拠に基づいた治療を実践し、乳がん看護認定看護師とともに、患者さん・ご家族に寄り添った安全で安心な乳がん診療を提供致します。さらに、先進医療や多施設共同臨床試験を通して次世代型医療の開発にも積極的に取り組んでいます。

診療科長 診療教授 杉江知治

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

大学附属病院である利点を生かし、関係各科、各領域の専門医(形成外科医、放射線診断医・治療医、病理医、緩和ケアチーム)との密接な連携のもと、乳房再建を含めた手術療法、薬物療法、放射線療法などを組み合わせた集学的治療を行っています。特に抗がん剤の使用にあたっては、症例に応じて多重遺伝子診断(Oncotype Dx)を取り入れ、術前化学療法を積極的に行い、腫瘍縮小による整容性の確保につとめています。現在の標準治療を実践するだけでなく、先進医療や多施設共同臨床試験を通して次世代型医療の開発にも積極的に取り組み、新規医療技術を導入し、患者さんの健康に寄与するよう日々取り組んでいます。

また、精神面でのサポート体制も整っています。併存疾患のある方も関係各科との密接な連携の下、診療を行っています。

さらに教育面では、乳腺疾患の特性から、とくに女性乳腺外科医の育成にも力を注いでいます。

 
閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年度版)

外来新患者数 865人/年
外来延患者数 13,443人/年
入院新患者数 256人/年
入院延患者数 2,587人/年

手術・検査実績(2016年版)

入院手術件数 196件/年
外来手術件数 23件/年
センチネルリンパ節生検 115件/年
乳癌手術(部分切除) 104件/年
乳癌手術(乳房切除術) 44件/年
乳癌手術(皮膚温存乳腺全摘) 1件/年
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
杉江 知治 杉江 知治 科長
診療教授
乳腺
日本乳癌学会認定医、専門医、指導医
日本外科学会認定医、専門医、指導医
日本消化器外科学会認定医、専門医
マンモグラフィー認定読影医(A判定)
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
矢内 洋次 矢内 洋次 助教
乳腺
日本乳癌学会認定医・専門医
日本外科学会専門医
マンモグラフィー認定読影医(A判定)
日本がん治療認定機構 がん治療認定医
平井 千惠 平井 千惠 任期付助教
乳腺
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

 



 

2014(平成26)年4月より新しくなった化学療法外来にて、快適に化学療法を受けていただくことができます。くわえて、女性医師の診察も希望していただけます。

外来・検査時には、女性技師などの女性スタッフを多く配置しております。また、入院時は女性診療病棟にて、清潔な空間で、安全で高度な医療を安心して受けていただくことができるように、スタッフ一同心掛けております。


検査について

・マンモグラフィー検査

しこりの有無やかたち、大きさ、石灰化の有無を評価します。

常時数名の女性技師が待機し、撮影はほぼ全て女性技師が行います。

 

・超音波検査

しこりの有無やかたち、大きさ、硬さ、血流などを評価し、細胞診や組織診が必要かどうかを判断します。

 

・穿刺吸引細胞診、針生検

超音波・マンモグラフィーによる観察を行いながら各種の生検を行います。

 

・MRI検査

病変部の広がりや副病変の有無などを精密に診断します。

 

・CT検査・PET-CT検査・骨シンチ検査

乳がんの転移・再発の診断に対し、行います。
 

閉じる