概要

当科では胸部悪性腫瘍の診療を中心に、COPDなどの呼吸器疾患全般を対象に診療を行っています。外来は呼吸器科外来として毎日2~3診、さらにはがん治療・緩和センターにおける化学療法外来を、月曜日から木曜日まで1診実施しています。
入院も呼吸器疾患全般を対象としていますが、実際には約9割の症例が原発性肺がんを主とする胸部悪性腫瘍であり、化学療法やその合併症対策、緩和ケアを手掛けています。検査については週2回の気管支鏡検査を実施しています。
【内科学第一講座のHPはこちら】
 

次のような症状を扱っています

当科で扱っています疾患は呼吸器疾患となります。 それらの症状として、【咳/痰/血痰/息切れ/呼吸困難/発熱/痛み(胸部痛や背部痛など)/体重減少/むくみ】が挙げられます。また、当科は呼吸器腫瘍を中心に治療を実施しておりますが、抗腫瘍薬に伴う副作用【悪心/嘔吐/下痢/便秘/脱毛/しびれ/感染/湿疹/出血/貧血症状】についても最大限の対処を行っております。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

診療教授 倉田 宝保

現在、我が国においてはがん対策基本法を制定し、がん医療に力を注いております。当院もその方向性に違わず、がん拠点病院としての役割を全うすべく努力しておりますが、当科はその中で肺がんをはじめとする呼吸器腫瘍の治療、ケアを実施しております。近年、肺がんの薬物療法は分子標的薬剤や免疫療法の普及により劇的に進歩しております。海外で良好な成績を示している新薬を近隣のどこの施設よりもいち早く治験として導入することで、患者さんの治療成績の向上を図っております。また、大学病院の役割として、患者さんの診療を通じて、次世代のがんの専門医の育成にも力を入れていく次第でございます。これまで地域の医療機関より多くの症例をご紹介いただき、支えていただいておりますが、引き続き、これまで以上のご指導をよろしくお願い申し上げます。

診療科長 診療教授 倉田 宝保

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

我が国で2人に1人が罹患し、社会的にも問題となっている悪性新生物の中で、もっとも頻度の高い原発性肺がんの診断および治療を主として、診療を実施しています。
当科は化学療法を専門としており、外来化学療法を積極的に行っています。肺がん症例の腫瘍組織の遺伝子異常検索に基づく分子標的薬剤や、将来有望とされる新しい治療法も導入し、全国トップレベルの呼吸器腫瘍の診断・治療ができる施設となっています。特に新しい治療法の開発を目指した多施設共同臨床試験にも参加し、さらには海外で有望とされる新薬の、我が国での承認を目指した治験にも参加するようになりました。
北河内地区の方々に、いち早く海外で有望とされる治験薬を提供することが可能になり、大阪府下においても有数の肺がん専門施設であります。

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2017年度版)

外来新患者数 762人/年
外来延患者数 13,447人/年
入院新患者数 482人/年
入院延患者数 7,757人/年

手術・検査実績(2017年度版)

気管支鏡検査 346件/年
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
倉田 宝保 倉田 宝保 診療教授
肺癌
臨床腫瘍
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本臨床薬理学会特別指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
吉岡 弘鎮 吉岡 弘鎮 准教授
肺癌
臨床腫瘍
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会認定専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
金田 俊彦 金田 俊彦 助教 肺がん
呼吸器疾患
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
日本呼吸器内視鏡学会認定専門医
木畑 佳代子 木畑 佳代子 病院助教
呼吸器腫瘍内科
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
二木 麻衣子 二木 麻衣子 病院助教
呼吸器腫瘍内科
日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
中濵 かほり 中濵 かほり 任期付助教
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

がんの治療は早期発見、早期治療が重要であるといわれております。肺がんは特に早期発見しにくいがんであるとされております。従いまして、咳や痰などの日頃から起こり得るような症状がありましても、お気軽にかかりつけ医の先生にお願いされまして、当院のほうを受診ください。当院では肺がんをはじめ、気管支喘息や肺気腫などの呼吸器疾患を診療しておりますので、かかりつけ医の先生と密接に連携し、適切な治療、ケアをさせていただきます。

医療関係のみなさんへ

当科は呼吸器疾患全般を扱っている診療科でありますが、多くの医療機関様より、患者様を紹介する際にあたり、この程度で紹介してもよいのかどうか躊躇するようなご意見をいただきます。呼吸器症状が少しでもある、胸部レントゲン上、気になる陰影があるといった、どのような些細な症状や所見でもどうかご紹介くだされば幸いです。また、肺がん治療、特に薬物療法は日進月歩進歩しております。新しい治療をご用命の際は治験や臨床研究も積極的に行っておりますので、お気軽にお問合せをしていただければ幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

閉じる