概要

当科では、炎症性疾患から感染症、皮膚腫瘍など幅広く対応できる診療を行っています。特に、重点診療である光線治療と生物学的治療に関しては症例も豊富であり、午後には専門外来を設けています。 難治性皮膚疾患や皮膚悪性腫瘍の治療、稀有疾患の診断などに関しては、基幹病院として地域医療機関と十分に連携した診療を行っています。
【皮膚科学教室のHPはこちら】

次のような症状を扱っています

かゆみがある/赤い発疹がある/ぶつぶつした発疹がある/皮膚に腫瘍ができている/潰瘍ができている/皮膚が硬くなっている/水ぶくれができている/出血斑がある/皮膚が乾燥している/皮膚の下にしこりがある/その他の発疹が皮膚にある/毛がぬける/爪が変形している/アレルギー症状がある/関節痛を伴う発疹がある/皮膚に痛みを伴う発疹がある/発熱を伴う発疹がある/光線に弱い

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

皮膚病は一般に考えられているよりも奥が深く、種類もきわめて多く存在します。たとえば、皮膚の症状から内臓の悪性腫瘍や代謝性疾患、免疫やアレルギーに関係する疾患、血液疾患などが発見されることも珍しくありません。膠原病という全身の免疫に関する疾患の早期診断や治療も皮膚科で行います。
当科では全ての皮膚疾患に最新の治療法で対応できるように努力しており、特に、アレルギー・炎症性皮膚疾患、光線過敏症、乾癬、サルコイドーシス、膠原病、皮膚腫瘍、皮膚悪性リンパ腫などの診療に力を入れています。通常の治療でなかなか改善しない多くの病気に対する光線療法とサルコイドーシスの診断・治療、乾癬に対する生物学的製剤治療に関しては日本で屈指の施設です。

診療部長 教授 岡本 祐之

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

難治性の免疫・アレルギー性疾患に対して紫外線治療を精力的に行っています。外来では有効性が高く副作用の少ない narrow band UVB 療法、エキシマ療法を中心に行います。より難治の疾患や皮膚悪性リンパ腫に対しては、入院の上 PUVA 療法を施行しています。尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、菌状息肉症、強皮症、環状肉芽腫、円形脱毛症、皮膚掻痒症などの疾患に対して実施し、現在では数十人/日の難治性疾患患者を対象に実施し良好な成績を得ています。
乾癬に対する生物学的製剤治療を積極的に行い、日本でも屈指の施設と評価されています。また、他科と協力し、乾癬に伴う関節病変、内科的疾患の診療により総合的な診療を行っています。さらに、サルコイドーシスをはじめとする肉芽腫性疾患、強皮症患者は遠方の施設からも紹介を受け、診断・治療を行っています。

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年度版)

外来新患者数 3,111人/年
外来延患者数 29,992人/年
入院新患者数 239人/年
入院延患者数 3,161人/年

手術・検査実績(2016年度版)

手術件数 入院 26件/年
手術件数 外来 125件/年
病理組織検査 約900件/年
蛍光抗体法 約400件/年
細菌・真菌検査 約2,700件/年
アレルギー生体検査 約800件/年
光線テスト 約30件/年
光線治療 約12,000件/年
冷凍凝固術 約3,800件/年
局所免疫療法 約30件/年
生物学的治療 約210件/年
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
岡本 祐之 岡本 祐之 教授
免疫・アレルギー疾患
光治療
肉芽腫
日本皮膚科学会専門医
神戸直智 神戸直智 准教授
免疫・アレルギー疾患
自己炎症疾患、肉芽腫
日本皮膚科学会専門医
山崎 文和 山崎 文和 病院准教授
乾癬、光皮膚科学
色素細胞の発生、分化
膠原病
日本皮膚科学会専門医
植田 郁子 植田 郁子 講師
強皮症
膠原病
肉芽腫
日本皮膚科学会専門医
久米 典子 久米 典子 助教
皮膚外科
皮膚科一般
日本皮膚科学会専門医
寺井 沙也加 寺井 沙也加 病院助教
松田 智子 松田 智子 病院助教
閉じる

ページの先頭へ