概要

当科は、健康科学センターを有し、主に生活習慣病の方へ運動療法や栄養指導、心理サポートなど包括的なサポートを行っています。専門外来として心臓リハビリテーション外来、運動療法外来、OB(肥満)外来、サルコペニア外来、禁煙外来、睡眠時無呼吸外来を設けています。
病棟業務では、心疾患患者の病棟リハビリテーションの実施、心臓病教室(運動指導)を担当しています。また疾患の方のみならず、健康増進やスポーツ選手の科学的なトレーニングや栄養サポートも行っています。
【健康科学センターのHPはこちら】
 

次のような症状を扱っています

心筋梗塞や狭心症、心臓の手術後など、心臓疾患治療後の心臓リハビリテーション/肥満で体重を減らしたい/睡眠中に息が止まる/日中の眠気が強い/いびきをかく/筋肉量が落ちた/筋力をつけたい/禁煙したい/

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当科は健康科学センターおよび大学院医学研究科健康科学教室と連携し、健康関連の運動、栄養、心理プログラムの研究、開発を行っています。循環器、糖尿病、肥満、肝臓病、消化器、腎臓病、整形外科、形成外科、耳鼻咽喉科、歯科など様々な専門医と、看護師、心臓リハビリテーション指導士、健康運動指導士、理学療法士、管理栄養士、サプリメントアドバイザー、スポーツ管理栄養士、臨床心理士など様々な専門職スタッフとの多職種チーム医療が特徴です。
また医学部のみならず情報工学、遺伝子などの基礎研究部門や先進企業との共同研究、地域のフィットネスクラブや介護施設などとの連携、ウエアラブルセンサーなどによる在宅健康管理、保健指導など最新の健康科学について臨床応用を目指しています。

診療科長 教授 木村 穣

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

専門外来:
心臓リハビリテーション外来、運動療法外来、生活習慣病外来、OB(肥満)外来、健康科学センター外来、禁煙外来、睡眠時無呼吸外来、心不全外来
 

病棟業務:
心疾患患者の病棟リハビリテーション施行、心臓病教室(運動指導)担当、血液疾患クリーンルーム運動療法
 

外来業務:
各種運動療法(心臓リハビリテーション、生活習慣病、肥満症、肝移植ドナー脂肪肝、ASO(閉塞性動脈硬化症))、心肺運動負荷試験、食事指導、心理カウンセリング(肥満治療、禁煙治療)
 

健康に関する様々な施設とも積極的に連携し、患者様に最も適した健康環境での医療サービスの提供を目標としています。診察等のお申し込みは健康科学センターホームページからも可能です。(健康科学センターホームページはこちら

関連している診療支援部門

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年度版)

心臓リハビリテーション のべ4,679名/年
約390名/月
運動療法 のべ2,155名/年
約180名/月
肥満外来 のべ612件/年
約51名/月
新規患者98名/年
約8~9名/月
睡眠時無呼吸外来 のべ260件/年
約22名/月
新規患者25名/年
約2名/月
禁煙外来 のべ136件/年
新規患者15名/年
運動療法外来 のべ203件/年
(26名/月)
サルコペニア外来 のべ95件/年
(8名/月)
栄養指導 のべ978件/年
(82名/月)
肥満カウンセリング のべ735件/年
(62件/月)
心臓リハビリテーションカウンセリング のべ41件/年
(約4名/月)

検査実績(2016年度版)

睡眠時ポリソムノグラフィー検査 21件/年
(最大6件/月)
簡易型アプノモニター 48件/年
心肺運動負荷試験 537件/年
(約45件/月)
血管内皮機能検査 のべ276件/年
(23件/月)
自律神経機能検査 のべ285件/年
(24件/月)
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
木村 穣 木村 穣 教授(兼務)
循環器
循環器専門医
小崎 篤志 小崎 篤志 講師(兼務)
糖尿病
糖尿病専門医
宮坂 陽子 宮坂 陽子 講師(兼務)
循環器
米国心臓病協会正会員
米国心臓病学会正会員
日本内科学会認定医・専門医・指導医
日本循環器病学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本周術期経食道心エコー認定医
SHD心エコー図認証医
岩坂 潤二 岩坂 潤二 診療講師(兼務)
循環器
日本内科学会認定医・指導医
日本循環器病学会専門医
日本核医学会専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
妹尾 健 妹尾 健 助教(兼務)
循環器
日本内科学会認定医・専門医・指導医
日本循環器病学会専門医
日本心血管インターベンション学会認定医
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

当科健康科学センターの治療をご希望の際は健康科学センターのホームページよりお申し込みください。(健康科学センターのHPはこちら

閉じる