概要

 世界で有数の高齢国家である日本では動脈硬化症が年々増加しています。なかでも、大動脈瘤・大動脈解離による死亡が2014年より死亡原因の第9位となりました。女性では第8位、男性は第11位と上昇しています。この原因は、高齢以外に高血圧や高コレステロール血症の患者さんの増加や、喫煙率が依然先進国の中で高い(男性30%、女性8%)ことがあげられます。また、糖尿病や血液透析患者さんの増加とともに下肢慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症)も増加の一途をたどっています。

 血管外科では胸部・腹部大動脈瘤、大動脈解離の治療、下肢慢性動脈閉塞症の治療、下肢静脈瘤の治療を行なっています。とくに、カテーテルを用いた体にやさしい胸部・腹部ステントグラフト治療や末梢動脈ステント(グラフト)留置術、ラジオ波焼灼術を行なっています。

次のような症状を扱っています

 エコー検査やCT検査で偶然発見された胸部・腹部大動脈瘤、腹部拍動性腫瘤、間欠性跛行(長く歩くとふくらはぎがだるく痛くなる、休むと再び歩けるようになることを繰り返す)、足趾の痛み・潰瘍・壊死、下肢静脈瘤(夜中・早朝のふくらはぎのこむらがえり)の症状を扱っています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

 平成28年12月16日より関西医科大学附属病院 血管外科の診療科長、診療教授として着任しました善甫宣哉(ぜんぽのぶや)です。山口大学第一外科、山口県立総合医療センターで血管外科を行なってきました。北河内地区はもちろんのこと大阪府に勤務するのも初めてです。胸部・腹部大動脈瘤、大動脈解離、下肢慢性動脈閉塞症、下肢静脈瘤はもちろんのこと、深部静脈血栓症、リンパ浮腫など血管疾患ならなんでも診察いたします。

診療科長 診療教授 善甫 宣哉 

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

 血管外科の対象疾患ならびに治療法は、胸部・腹部大動脈瘤に対する胸部・腹部ステントグラフト内挿術、B型大動脈解離に対する胸部ステントグラフト内挿術とリエントリー閉鎖術、下肢慢性動脈閉塞症に対するステント(グラフト)留置術、膝下膝窩・脛骨・腓骨動脈バイパス手術、下肢静脈瘤に対するラジオ波焼灼術です。できるだけ体を切らないカテーテルによる血管内低侵襲手術を中心に行なっております。

閉じる

ページの先頭へ

実績

2017年診療実績

胸部ステントグラフト内挿術 22例(9月まで)
腹部ステントグラフト内挿術 40例(9月まで)
末梢動脈ステント(グラフト)留置術 21例(9月まで)
末梢動脈バイパス術・血栓内膜摘出術 4例(9月まで)
下肢静脈瘤ラジオ波焼灼術 13例(6月から9月)
その他 8例(9月まで)
(善甫医師関西医科大学総合医療センター実施症例含む)
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
善甫 宣哉 善甫 宣哉 科長
診療教授
大血管外科
末梢血管外科
日本外科学会専門医、指導医
心臓血管外科専門医
脈管専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
胸部ステントグラフト実施医・指導医(CTAG, TX2-PF, TXD, Relay Plus, Najuta)
腹部ステントグラフト実施医・指導医(Zenith Flex, Excluder C3, Endurant II, AFX2)
浅大腿動脈ステントグラフト実施医(BIABAHN)
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施医・指導医
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

【お知らせ】

 血管外科外来は毎週木曜日の午前9時より午後5時まで行なっておりますが、2017年10月現在、毎週予約で満杯になっています。再診患者さん以外に初診患者さんが一日8人から14人受診いただいております。大変申し訳ございませんが、慢性症状の患者さんが予約なしで当日受診された場合、予約状況によっては1-2週間先に予約して再受診になることをご了承下さい。痛みなど急性症状の場合はこの限りではありません。何卒ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

閉じる