概要

当科では、『呼吸器疾患』としては、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの換気異常をきたす疾患、肺炎や結核などの感染症、間質性肺炎などのびまん性肺疾患の他に、胸部エックス線写真の異常で紹介された方、咳が長びいたり、階段や坂で息苦しくなる等の症状があって来院された方の診断や治療を行っています。『感染性疾患』としては、発熱持続例の他にマラリアやデング熱などの「蚊媒介感染症の診療協力医療機関」でもあります。

【内科学第一講座のHPはこちら】

次のような症状を扱っています

咳や痰が長びいている/坂道や階段で息が続かなく休むようになった/明け方に息苦しさや咳で目が覚める/息を吸うと胸の痛む場所がある/熱(37.5℃以上)が続いている

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

私たちの呼吸器・感染症内科は、中点で『呼吸器』と『感染症』をつないでおりますように『呼吸器疾患全般』と『感染性疾患』を診療しています。呼吸器領域の疾患は、気管支炎や肺炎、結核などの感染性疾患も多いことから、これらの二つの領域を適確に診療できることには大きなメリットがあります。また、一般に呼吸器の病気で受診される方は、無症状で検査数値の異常で受診されるのではなく、実際に咳がひどくて夜も寝られない、少し歩いただけで息切れがするといった症状で、生活に支障を来していらっしゃる方が大半を占めています。
私たちは、初診の方でも採血や画像、呼吸機能検査など、当日中に可能な限り複数の検査を進めて異常を検出し、多くの方で初日に診断の目途を得て、治療が開始できる様に努めております。現在、呼吸器症状でお困りの方は、どうぞ安心してご相談ください。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

気管支喘息につきましては、当院では他施設でもまだ導入例が少ない呼気ガス中の一酸化窒素(NO)濃度の測定による診断や病状評価も行っております。また、気管支喘息と鼻アレルギーが合併しますと治療に反応しにくくなりますが、このような場合は、当院の耳鼻咽喉科のアレルギー担当者ともタイアップして診療を行っております。
当科を専属で廻る研修医に対しては、外来研修も重視しており、気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患(COPD)、感染性呼吸器疾患など、日常診療で毎日出会うような一般的な呼吸器疾患を外来での病歴聴取から迅速に鑑別診断を挙げて検査の組み立てを行うことも研修内容としています。
当科は院内の感染制御業務も担当しており、ICTとして院内感染制御を主導するほかに、他科から依頼される感染性疾患の診療支援、他院から依頼される院内感染対策支援の依頼にもお応えしています。

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年度版)

外来新患者数 829人/年
外来延患者数 5,640人/年
入院新患者数 104人/年
入院延患者数 1,881人/年
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
倉田 宝保 倉田 宝保 診療教授
肺癌、臨床腫瘍
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器学会指導医
日本臨床腫瘍学会薬物療法専門医
日本臨床腫瘍学会指導医
日本臨床薬理学会特別指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
尾形 誠 尾形 誠 診療講師
呼吸器内科
日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会専門医
木畑 佳代子 木畑 佳代子 助教
閉じる

ページの先頭へ