概要

当科は膠原病、関節リウマチおよびその類縁疾患を担当する診療科です。
関節リウマチは、病状の不安定な時期などには、内科的な側面と整形外科的な側面の両側面からの治療計画が必要な病気です。
当院近隣には入院管理を含めた膠原病専門診療ができる医療機関が少ないため、多くの患者さんに来院いただいております。また当科では、内科医と整形外科医とが連携して治療することで、よりよい治療が実践できる体制も整えております。


【内科学第一講座のHPはこちら】

次のような症状を扱っています

長期間続く発熱/多発する関節痛/原因のよくわからない皮疹/抗核抗体陽性/リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性など

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当科は扱っている病気の特性もあり、少しだけ他科と違うところがあります。関節リウマチは関節の変形のために、一部の患者さんでは手術やリハビリテーションが必要になることがあります。また、その治療に使用するお薬はややこしいものも多く、内科的な視点も必要になります。ですからリウマチ性疾患の診療には内科系医師と整形外科系医師の連携が必須だと考えています。従来、大学病院の診療科は講座単位でありましたので、講座の垣根を越えて混成チームで「科」を運営することが困難でありましたが、当院では膠原病内科医と整形系リウマチ専門医がともに「リウマチ・膠原病科」で診療を行っております。
その成り立ちもあり、我々は「チーム医療」を大切にしたいと思っています。地域医療に貢献するために医療機関間の連携を密にし、北河内地区におけるリウマチ性疾患の基幹病院として貢献したいと思います。

診療科長 病院教授 尾崎吉郎

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

内科系医師と整形外科系医師の連携により関節リウマチの各病態に対応可能です。特に、関節リウマチを内科系医師と整形外科系医師の連携によって診療していることが特徴であり、内科・整形外科の長所を取り入れた診療を行っています。内科系のみで診療を行う場合に比べ、関節注射なども積極的に施行できる体制も整えています。関節に対する手術の適応は整形外科系医師が判断し、内科的合併症は内科系医師が対応するなど、柔軟な診療体制をとっています。
近隣には膠原病を専門に診療できる医療機関が少ないため、北河内地区唯一の基幹病院となっています。北河内医療圏でのより均一かつ安全な関節リウマチ医療を行うことを目的に、関節リウマチに対する生物学的製剤導入および経過観察に関して、地域連携医療パスを構築し稼働しています。
 

関連している診療支援部門

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2017年度版)

外来新患者数 781人/年
外来延患者数 16,491人/年
入院新患者数 144人/年
入院延患者数 5,104人/年

病名別外来患者数(2017年度版)

関節リウマチ 1,325名
全身性エリテマトーデス 245名
多発性筋炎・皮膚筋炎 101名
強皮症 165名
混合性結合組織病 44名
シェーグレン症候群 256名
抗リン脂質抗体症候群 23名
ベーチェット病 92名
再発性多発軟骨炎 7名
強直性脊椎炎 21名
関節炎性乾癬 95名
掌蹠膿疱性関節炎 6名
IgG4関連疾患 22名
成人発症スティル病 18名
悪性関節リウマチ 6名
高安病 19名
側頭動脈炎 4名
結節性多発動脈炎 4名
顕微鏡的多発血管炎 28名
多発血管炎性肉芽腫症 6名
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 17名
リウマチ性多発筋痛症 151名
RS3PE症候群 6名
その他 256名
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
尾崎 吉郎 尾崎 吉郎 病院教授 膠原病全般 内科学会認定医
リウマチ学会専門医
リウマチ学会指導医
孫 瑛洙 孫 瑛洙 講師
外来医長
膠原病全般 内科学会認定医・総合内科専門医
リウマチ学会専門医
和田 孝彦 和田 孝彦 講師(非常勤) 関節リウマチ
整形外科
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会スポーツ整形外科医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本リウマチ学会リウマチ指導医
田中 晶大 田中 晶大 助教
病棟医長
膠原病全般 内科学会認定医
リウマチ学会専門医
澤井 宏和 澤井 宏和 助教(非常勤) 関節リウマチ
整形外科
リウマチ学会専門医
嶋元 佳子 嶋元 佳子 研究医員 膠原病全般
関節エコー
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本リウマチ学会専門医
リウマチ学会登録ソノグラファー
日本医師会認定産業医
重坂 実 重坂 実 研究医員 膠原病全般
関節エコー
内科学会認定医
閉じる

ページの先頭へ