概要

消化管・肝・胆・膵にわたり、あらゆる消化器領域疾患を対象にしています。それぞれエビデンスに基づいた医療を実践するとともに、高度で先進的な医療についても積極的に取り組んでいます。専門性を発揮しつつ全人的診療にあたることをモットーにしており、地域の先生方と連携・協力し、治療や情報提供にあたっています。

【内科学第三講座のHPはこちら】

次のような症状を扱っています

悪心/嘔吐/胸やけ/吃逆/嚥下困難/食欲不振/腹痛/腹部膨満感/腹鳴/便秘/下痢/背部痛/吐血/下血/血便/黄疸

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当消化器肝臓内科では上部消化管、下部消化管、肝臓、胆道、膵臓疾患など全ての消化器領域をカバーする最先端の医療を実施しています。
上部下部消化管の早期がんに対しては、色素内視鏡・拡大内視鏡・狭帯域光観察(NBI)・EUSを用いた詳細な質的診断・範囲診断にもとづいた、内視鏡的粘膜切除術(EMR)・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を積極的に行い、内視鏡的切除や外科的切除不能な進行がんに対しては、化学療法センターと密に連携し、外来および入院にて最新の化学療法を行っています。その他、粘膜下病変に対するEUSやEUSガイド下穿刺吸引法(EUS-FNA)、経皮的内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、消化管狭窄に対する拡張術やステント留置術など多岐にわたる診断・治療を行っています。
胆膵疾患では重症急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵がん、胆石・胆管炎、胆道がんなどを主な対象として、新規診断法、内視鏡や化学療法を中心とした治療、さらに病因・病態に関する研究や多施設協同研究による臨床研究・治験などを行っています。特に、胃切除後の胆膵疾患においては、ダブルバルーン内視鏡を用いた新規治療法を開発実践しています。
また、いわゆる難病にも積極的に取り組んでおり、厚生労働省の難治性疾患克服事業による多くの研究班(難治性膵疾患調査研究班・難治性腸疾患調査研究班・難治性肝胆道疾患調査研究班・難治性腸疾患の画期的治療開発研究班・小腸潰瘍、IgG4関連疾患)に参加しており、新しい診断や治療法の開発にかかわっています。

診療部長 教授 岡崎 和一

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

1) 消化管疾患では内視鏡的診断に加え、あらゆる内視鏡的治療に取り組んでいます。上部消化管では食道静脈瘤(年間150例)に表在食道がん・早期胃がん(年間約200例)、大腸腺腫・早期大腸がん(年間450例)を中心に内視鏡的治療を施行しています。特に内視鏡的粘膜下層剥離術による表在食道がん、早期胃がんの治療は年間約150例と、多くを経験しています。

2) 消化性潰瘍、胃がん再発予防や悪性リンパ腫に対する非外科的治療法として、ヘリコバクタピロリの除菌療法を積極的に施行しています。

3) 原因不明の消化管出血を始めとする小腸疾患の診断と治療に対して、ダブルバルーン小腸内視鏡(DBE)を積極的に行っており、近畿圏ではトップクラスの症例数(年間約100例)を誇っています。
また、カプセル内視鏡も積極的に行っており、DBE術前スクリーニングとして役立てています。

4) 難治性の潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対して、栄養療法や白血球除去両方をはじめ、アザチオプリンやタクロリムスなどの免疫調整剤や抗TNFα抗体製剤を用いた治療や新規治療法に、積極的に取り組んでいます。

5) 肝疾患では、ウイルス性の急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、また自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変などの自己免疫性肝疾患、生活習慣病に関連した脂肪肝や非アルコール性脂肪肝炎、悪性疾患の肝細胞がんを対象とし治療を行っております。ウイルス性慢性肝疾患の治療の進歩は著しく、特にC型慢性肝疾患に至っては、インターフェロンを使用する事無く、経口剤投与で副作用も少なく、100%近い治癒効果が得られる事より積極的に治療導入しております。肝細胞がんに対しては、各種画像診断により早期診断に努め、放射線科協力のもと血管造影下のCT検査を駆使し、ラジオ波など医療工学機器を用いた最先端治療や肝動脈塞栓療法を用いて集学的治療を実践しています。

6) 胆道・膵の良性疾患、悪性腫瘍に対する内視鏡診断や超音波診断を行っています。ERCP手技を用いた内視鏡的乳頭切開術、胆道結石截石術、胆道狭窄に対する内視鏡的胆道ドレナージ術・胆道ステント留置術など胆道・膵疾患に対する内視鏡的診断および治療を積極的に行なっています。特に術後再建腸管例に対する小腸内視鏡を用いたERCP(DB-ERCP)は、西日本では本院が最初に導入した手技で、いまや全国的にも有数の症例数を誇るまでとなりました。これらERCP関連検査治療件数は年間700~750件余り施行しています。また超音波内視鏡(EUS)を用いた診断、超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診、超音波内視鏡下膵仮性嚢胞穿刺ドレナージのほか内視鏡的乳頭切除術などにも取り組んでいます。EUS関連検査治療件数は年々増加しており、年間450件を超えるようになりました。また、致死率の高い重症急性膵炎をはじめ、膵がんのリスクが高い慢性膵炎、最近注目されている自己免疫性膵炎の診断とステロイド治療など、各種胆道疾患、膵臓疾患の診療に取り組んでいます。

7) 進展した消化器系各臓器における悪性腫瘍に対する全身化学療法にも積極的に取り組んでおり、2014(平成26)年に消化管の化学療法を受けた人数は80名でした。 当科と関連のある学会としては日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本肝臓学会、日本超音波学会などがあり、それぞれの専門医・指導医を擁し、学会指導施設となっております。以上のように消化器内科は専門性を発揮しつつ全人的診療にあたることをモットーにしており、また地域の先生方のご協力のもとに成り立っています。

関連している診療支援部門

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年度版)

外来総数 51,135人/年
外来新患者数 4,328人/年
外来延患者数 46,807人/年
入院総数 29,975人/年
入院新患者数 2,383人/年
入院患者延数 27,592人/年

手術・検査実績(2016年度版)

入院手術(内視鏡治療) 2,108件/年
内視鏡件数
上部消化管 6,529件/年(うち緊急内視鏡333件)
下部消化管 3,170件/年(うち緊急内視鏡219件)
胆膵 1,862件/年(うち緊急内視鏡64件)
小腸 97件/年
カプセル内視鏡 80件/年
肝局所治療 72件/年
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
岡崎 和一 岡崎 和一 主任教授
消化器病学
消化器内視鏡学
肝臓病学
膵臓病学
消化器免疫学
超音波学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化管学会胃腸専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
日本超音波医学会専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
高岡 亮 高岡 亮 教授
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本超音波医学会専門医・指導医
日本胆道学会指導医
大阪府難病指定医
内田 一茂 内田 一茂 准教授
(研究医長)
消化器病学
消化器内視鏡学
消化器免疫学
膵臓病学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
池田 広記 池田 広記 准教授
(病棟医長)
消化器病学
消化器内視鏡学
肝臓病学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医・指導医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
森 茂生 森 茂生 准教授
(医局長)
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本消化管学会認定医・専門医・指導医
大阪府難病指定医
島谷 昌明 島谷 昌明 准教授
消化器病学
消化器内視鏡学(胆膵内視鏡、小腸・大腸内視鏡)
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医・近畿支部評議員・学会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・近畿支部評議員・学会評議員
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本胆道学会指導医
日本消化管学会胃腸専門医・指導医・学会代議員
日本カプセル内視鏡学会専門医・指導医・学会評議員
大阪府難病指定医
日本腹部救急医学会暫定教育医・学会評議員
福井 寿朗 福井 寿朗 講師
消化器病学
下部消化管疾患
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会指導医・近畿支部評議員
日本消化器病学会指導医
日本消化器病学会学会評議員
日本消化器内視鏡学会指導医・近畿支部評議員
大阪府難病指定医・小児指定医
吉田 勝紀 吉田 勝紀 講師
(外来医長)
消化器病学
肝臓病学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医・近畿支部評議員
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医・西部会評議員
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
池浦 司 池浦 司 講師
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医 
大阪府難病指定医
安藤 祐吾 安藤 祐吾 講師

消化器病学
下部消化管疾患
(特に炎症性腸疾患)
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
病理解剖医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害福祉法:肝臓障害・小腸機能障害)
深田 憲将 深田 憲将 講師
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
大阪府難病指定医・小児指定医
日本カプセル内視鏡学会認定医
三好 秀明 三好 秀明 講師
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
大阪府難病指定医
楠田 武生 楠田 武生 助教
(教育医長)
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・近畿支部評議員・学会評議員
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
山口 隆志 山口 隆志 助教
消化器病学
消化器内視鏡学
肝臓病学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
富山 尚 富山 尚 助教
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
田中 敏宏 田中 敏宏 助教 消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
大阪府難病指定医
岡崎 敬 岡崎 敬 助教
消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
光山 俊行 光山 俊行 助教 消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
ピロリ菌感染症認定医
大阪府難病指定医
鈴木 亮 鈴木 亮 助教 消化器病学
消化器内視鏡学
日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
池田 正俊 池田 正俊 任期付助教
佐野 泰樹 佐野 泰樹 任期付助教
仲野 俊成 仲野 俊成 准教授(兼)
消化器病学
消化器内視鏡学
医療情報学
日本内科学会認定医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
大阪府難病指定医
宮崎 浩彰 宮崎 浩彰 教授(兼)
消化器病学
肝臓病学
医療安全管理学
日本内科学会認定医・指導医
日本肝臓学会専門医
大阪府難病指定医
大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓機能障害)
閉じる

ページの先頭へ