概要

当科は、病院2階のこども館(小児の外来診療)と病院5階の小児医療センターと総合周産期母子医療センターから成り、体重300gの超低出生体重児から乳幼児、学童、思春期までの、子どものあらゆる疾患の診療を行っています。

当科外来部門(2階こども館)は、午前中の一般外来ではあらゆる疾患、あらゆる年齢(新生児から20歳まで)の小児を受け入れ、また午後は予約制による特殊外来で腎臓・循環器・血液・腫瘍・新生児・アレルギー・神経・免疫・膠原病・心身症・内分泌など様々な疾患を扱っています。

【小児科学講座のHPはこちら】

次のような症状を扱っています

赤(青)アザができた/鼻血が出て止まらない/朝起きが悪い/息をするとゼーゼーと音がする/意識がはっきりしない/上手くコミュニケーションがとれない
/落ち着きがない/お腹が痛い/顔色が悪い/ 頬がこけた、体重が減少した/体がだるい/関節が痛い/唇や皮膚が乾燥してカサカサになる/下痢になる/元気がない/呼吸が苦しい/白目、顔色、尿が黄色い/身長が伸びない/咳が出る/全身がむくんだり、体が重い/手足や顔が勝手に動く/特定の物やことがらに執着する/尿失禁(尿もれ)がある/尿に血が混じっている/尿の量が少ない/熱っぽい、体がほてる、ぞくぞくする、寒気がする/のどに痛みや渇きを感じる/吐き気が続いている、嘔吐を繰り返す/鼻水や鼻づまりが止まらない/噴水状にミルクを吐きだす/便秘気味な状態が続いている/発疹・斑点が見られる/ミルクを飲まない/めまいがする、ふらつく/顔色、唇の色が悪い

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

診療部長 教授 金子 一成

関西医科大学附属病院小児科は、病院2階のこども館(小児の外来診療を行います)と病院5階の小児医療センター(小児の入院患者の診療を行います)と総合周産期母子医療センター(新生児の救急病棟です)から成り、体重300gの超低出生体重児から乳幼児、学童、思春期までのこどものあらゆる疾患の診療を行っています。診療にあたっては、近年、重要視されている「成長に合わせた医療(成育医療)」を心掛け、院内学級(小学部、中学部)を設置するとともに、入院生活を少しでも楽しく過ごしてもらえるよう、屋上庭園を配し、体力回復やストレス発散の場を提供しています。さらに屋上庭園では小児科医とコメディカルのスタッフが協力して夏祭り大会やクリスマス会を開催し、長期入院のこどもの心のケアを常に意識しています。また小児の救急疾患にも対応するべく、地域の先生方と緊密な連携体制をとっています。

診療部長 教授 金子 一成

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

1932(昭和7)年に創設された本学小児科には80年以上にわたる歴史があり、主として北河内医療圏における、4世代にもわたる子育て支援の実績があります。また、特定機能病院として様々な小児・新生児疾患の診断技法と高度医療態勢とを駆使し、医療機関からの紹介に迅速かつ丁寧に連携をはかり、安心の医療を提供しています。

新生児医療では大阪で最初の大学病院総合周産期母子医療センターのNICU部門として認定され、府内有数の危急新生児を取り扱う、大阪新生児診療相互援助システム(NMCS)の基幹病院です。専門医の研修病院としての役割に加え、医学生教育、研修医教育に特に重点をおき、診療能力とコミュニケーション能力の向上をはかっています。

小児に多い感染症はもとより、夜尿症、心身症の患児も数多く取り扱い、受診されるご家族に厚い信頼をいただいています。また当院の小児科医師は、こどもが怖がる白衣を着用せず、明るく楽しく接しています。

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年度版)

外来新患者数 1,782人/年
外来延患者数 20,477人/年
小児病棟(5E病棟)入院患者数(延数) 12,608人/年
NICU入院患者数(延数) 7,351人/年
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
金子 一成 金子 一成 教授 小児腎・泌尿器学
小児膠原病・自己免疫疾患学
日本小児科学会専門医
日本小児泌尿器学会認定医
日本小児精神神経学会認定医
河崎 裕英 河崎 裕英 病院准教授
(外来医長)
小児血液・腫瘍学
小児臨床免疫学
日本小児科学会専門医
日本小児血液・がん指導医
日本血液学会専門医・指導医
日本造血幹細胞移植認定医
日本がん治療認定医
日本臨床腫瘍学暫定指導医
臨床研修指導医
臨床修練指導医
日本再生医療学会認定医
大橋 敦 大橋 敦 准教授 新生児学 日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医
新生児蘇生法「専門コース」インストラクター
吉村 健 吉村 健 病院准教授 小児循環器病学 日本小児科学会専門医
日本小児循環器学会専門医
辻 章志 辻 章志 准教授 小児腎・泌尿器学
新生児学
日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医
新生児蘇生法「専門コース」認定
峰 研治 峰 研治 講師
(NICU病棟医長)
新生児学
小児循環器学
日本小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医
新生児蘇生法「専門コース」インストラクター
木全 貴久 木全 貴久 講師
(こども病棟医長)
小児腎・泌尿器学 日本小児科学会専門医
畑埜 泰子 畑埜 泰子 病院講師 小児アレルギー病学 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
平林 雅人 平林 雅人 助教 新生児学 日本小児科学会専門医
新生児蘇生法「専門コース」インストラクター
山内 壮作 山内 壮作 助教 小児腎・泌尿器学
新生児学
日本小児科学会専門医
新生児蘇生法「専門コース」認定
大町 太一 大町 太一 助教 小児血液・腫瘍学 日本小児科学会専門医
木野 仁郎 木野 仁郎 病院助教 小児腎・泌尿器学
新生児学
日本小児科学会専門医
副島 和彦 副島 和彦 病院助教 小児疾患全般
小児アレルギー病学
日本小児科学会専門医
新生児蘇生法「一次コース」認定
赤川 翔平 赤川 翔平 病院助教 小児腎・泌尿器学
新生児学
日本小児科学会専門医
ACLSプロバイダー
PALSプロバイダー
新生児蘇生法「専門コース」認定
田中 裕香 田中 裕香 病院助教 小児疾患全般
新生児学
ACLSプロバイダー
日本小児科学会専門医
PALSプロバイダー
JATELプロバイダー
新生児蘇生法「専門コース」認定
藤代 定志 藤代 定志 病院助教 小児疾患全般
新生児学
小児神経病学
日本小児科学会専門医
ACLSプロバイダー
荒田 美佐子 荒田 美佐子 任期付助教 小児疾患全般
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

小児科医は子どもの総合診療医です。お子さまの症状で気になることがあれば、まずは小児科医にご相談ください。

医療関係のみなさんへ

小児科は小児医療センターと総合周産期母子医療センターに所属しています。小児と新生児に特化した高度医療体制とスタッフを整え、最新の機器を用いた最高レベルの医療を提供することを目指しています。先生方におかれましては、これまで以上に多くの患者様をご紹介いただきますよう、心よりお願い申し上げます。ご紹介頂きました患者様につきましては、入院中はもとより退院後も先生方と緊密な連携を取らせていただく所存です。

閉じる