総合周産期母子医療センター

概要

当センターは、大阪府内の6つの総合周産期母子医療センターの一つとして2006(平成18)年3月に認可され、120万人の人口を擁する北河内地区における周産期医療の中心的な役割を担っています。産科部門は大阪産婦人科診療相互援助システム (Obstetrical & Gynecological cooperating system:OGCS)の基幹施設として24時間体制で大阪府下全域からの母体および胎児救急患者、ハイリスク妊婦の受け入れを行っています 。新生児部門は大阪新生児診療相互援助システム (Neonatal mutual cooperating system:NMCS) の基幹施設として、24時間体制で新生児救急医療業務に当たっています。

出生前診断のご案内はこちら

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当センターは、大阪府下で4番目(現在は6施設)に認可された総合周産期母子医療センターです。当センターは、産科部門として母体・胎児集中治療室(MFICU)9床、後方病床30床の合計39床、新生児部門として新生児集中治療室(NICU)12床、新生児回復期治療室(GCU)15床の計27床を有しています、大阪府下の各医療機関と連携し、年間700例以上のハイリスク妊娠・分娩(合併症妊娠・多胎妊娠・切迫流早産・胎盤位置異常・胎児異常など)と年間250例以上の病的新生児(低出生体重児・早産児・先天異常など)の受け入れに24時間体制で対応しています。日本の将来を担うお母さんと子どもたちを守るために、産科と小児科が協力し「関西医大で分娩してよかった」と評価していただけるよう努力して参ります。

センター長 金子 一成

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

大学病院における総合周産期母子医療センターの特色を活かし、女性診療科・小児科・小児外科・小児脳神経外科・小児心臓外科・眼科・形成外科・整形外科・腎泌尿器外科 ・耳鼻咽喉科 ・ 麻酔科 ・リハビリテーション科 ・ 臨床心理士が連携し 、母体・胎児および新生児の総合的かつ高度の医療を提供しています。また、地域の産科施設との連携を図るために、河北地区周産期カンファレンスを定期的に開催しています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

産科と小児科が協力し「関西医大で分娩してよかった」と評価していただけるよう努力して参ります。

医療関係のみなさんへ

当センターは、胎児、妊婦、新生児に特化した高度医療体制とスタッフを整え、最新の機器を用いた最高レベルの医療を提供することを目指しています。先生方におかれましては、これまで以上に多くの患者様をご紹介いただきますよう、心よりお願い申し上げます。ご紹介いただきました患者様につきましては、入院中はもとより退院後も先生方と緊密な連携を取らせていただく所存です。

連絡先:
NICUホットライン
時間:24時間
電話:
072-804-2603

MFICUホットライン
時間:24時間
電話:072-804-2604

閉じる