高度救命救急センター

概要

当院は大阪府下に三カ所のみ存在する高度救命救急センター指定をうけた施設です(他には、大阪大学医学部附属病院、大阪府立急性期総合医療センター)。 当センターは救急医学科のコアスタッフに加え、消化器内科・外科・脳神経外科・整形外科・形成外科からの派遣医を専従医師とし、また院内全診療科の当番医師の協力を得て、 あらゆる領域の重症症例を 24 時間 365 日体制で収容・ 診療する院内中央診療部門となっており、まさに北河内二次医療圏の最後の砦として機能しています。また災害時には災害拠点、広域搬送拠点としての役割も果たしております。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

高度救命救急センター長の鍬方と申します。当院では、2006(平成18)年1月の開院とともに枚方地区での救急診療を開始、2012(平成24)年には高度救命救急センターとしての機能を滝井病院(現総合医療センター)から移管しました。以後は、各診療科の高度診療技術を融合させながら、名実ともに北河内二次医療圏の急性期医療の最後の砦として機能しています。同時に地域メディカルコントロール(MC)体制の拠点でもあります。直面する高齢化社会では急性期医療、救急機能の需要が一層増加します。
従来、MCとは救急救命士の行う病院前救護の質を担保する体制と狭義に捉えていましたが、今後は地域の医療資源や救急搬送機能を必要なときに必要なところへ過不足なく供給できる統括・調整機能を含めた広い意味で運用することが求められています。地域医療機関、消防、行政と緊密に連携をとりながら、今後とも住民の皆さんに質の高い救急医療がご提供できるような体制整備を心掛けて参ります。

センター長 鍬方 安行

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

総合医療センターの救命救急センターとともに、北河内二次医療圏で唯一の三次救命救急センターとして機能を続けています。また、同医療圏のメディカルコントロール体制において中心的役割を果たし(鍬方:北河内メディカルコントロール協議会会長)、ICT を用いた新しい救急搬送実施・受け入れ体制の確立、救急救命士の処置拡大、2行為の導入に貢献しました。枚方寝屋川消防組合との協力で実施しているワークステーション方式ドクターカーを150 日間運用し、 病院前救急の充実をはかりました。

また、災害拠点病院として大阪府・枚方市・医療圏内災害協力病院と連携し、 空路を用いた広域搬送訓練を取り入れた災害訓練を実施。大規模災害時に適切に対応できるよう準備を整えております。

閉じる

ページの先頭へ