概要

放射線部は、画像診断部門、核医学部門、インターベンショナルラジオロジー(IVR)部門および放射線治療部門で運用しています。
スタッフは、部長、副部長以下、診療放射線技師38名、看護師7名、事務職員11名(派遣含む)で構成されています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

 

放射線部では最新鋭の装置を設置し、各診療科からの画像診断、IVR放射線治療の要望に応えています。業務内容は画像診断部門である一般撮影、CT、MRI、核医学と、画像診断を元に低侵襲性治療を行う血管造影/インターベンショナルラジオロジー(IVR)や、放射線治療部門、さらには画像情報管理とPACSサーバー管理も行っています。
CT室には2016(平成28)年2月に2管球CTが導入され、心臓CT検査、全身の高速撮影など最新の画像診断を提供しています。また放射線治療部門では他組織、臓器への副作用が少ない強度変調放射線治療(IMRT)に注力しています。業務に携わる診療放射線技師は、専門的知識と技能を取得すべく常に努力し、各分野の専門技師資格を取得しています。患者さんには技術的な事や、放射線被ばくについても疑問点などがあれば遠慮なさらずに、ぜひ診療放射線技師にお尋ねください。

放射線部 部長 谷川 昇

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

● 一般撮影

一般撮影室5室

フラットパネル搭載デジタルX線一般撮影システム(4室)

ワイヤレスフラットパネルシステム

パノラマ撮影装置、コーンビームCT、骨密度測定装置

マンモグラフィー、泌尿器科撮影、手術室撮影、救命救急センター撮影

ポータブルX線撮影装置7台

● X線テレビ

X線テレビシステム2台(1台は、トモシンセシス対応)稼働

● CT検査

128スライス2管球CT1台、64列CT3台

1台(64列)は、救命救急センターで稼働

● MRI検査

3テスラMRI1台、1.5テスラMRI3台

3台の装置において17時から21時まで延長稼働

● 血管造影検査(IVR)

バイプレーン血管撮影装置1台

IVR-CTシステム(フラットパネル搭載血管造影装置+16列CT CT透視)1台

循環器用血管撮影システム2台(CCU)

● 核医学検査

SPECT装置2台、PET-CT装置1台

● 放射線治療

リニアック2台、リモートアフターローディングシステム1台
CT-シミュレーター1台

骨髄移植に伴う全身照射(TBI)、強度変調放射線治療(IMRT)

 

  実績                                    


 実績(2016年版) 件数 
一般撮影  104,107
血管造影  3,112
CT  38,221
MRI  19,829
核医学  4,738
放射線治療  20,052
画像入出力  25,621

 

  専門認定資格等                                    


認定資格等  人数 
医学物理士(放射線科)  2名
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 5名
第1種放射線取扱主任者  13名
核医学専門技師  3名
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師 3名
X線CT認定技師  2名
Ai認定診療放射線技師   1名
医用画像情報精度管理士 1名
放射線管理士 2名
放射線機器管理士  2名
IVR認定看護師  1名
放射線治療専門放射線技師 1名
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

当院におけるレントゲン撮影は、最新のフラットパネルディテクタを用いています。 高画質な画像をより少ないX線量で撮影することができますので、ご安心いただけます。

閉じる