生殖医療センター

概要

産婦人科医と泌尿器科医が連携し、ご夫婦を対象とした治療を大切にしています。 ご夫婦の希望を聞きながら、年齢・不妊原因を考慮して治療方針を決定します。 不妊症看護認定を取得した看護師が、治療中の患者様に寄り添うサポートを心掛けています。 また、体外受精胚移植、顕微授精など高度生殖補助医療(ART)に臨まれる場合も専属の生殖補助医療胚培養士が責任もってご夫婦の受精卵をお預かり致します。
【生殖医療センターのHPはこちら】

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

生殖医療センターでは、一般不妊診療から人工授精や体外受精までのあらゆる不妊診療を顕微授精や胚凍結を含めて行っており、高度男性不妊では、連携している腎泌尿器外科にて精巣から外科的採取・凍結した精子での顕微授精なども行っています。

センター長 岡田 英孝

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

不妊とは、世界保健機関によると、「避妊をしていないのに12か月以上にわたって妊娠に至れない状態」とされています。また、その原因としては24%が男性側、24%が男女ともにあり、41%が女性側、11%が原因不明となっています。このことから、男性の原因が考えられるものは約2組に1組であり、不妊症の検査は夫婦ともに受けることがよいと言えます。
女性側の主な原因としては、卵巣機能の低下や子宮内膜症などがあり、男性側の主な原因としては、造精機能障害や性交障害などがあります。
当センターでは、これらを調べるための様々な検査以外にも患者様向け説明会として、「妊娠を望むカップルのためのセミナー」と「体外受精説明会」を定期的に無料で開催し、不妊期間に合わせた情報提供の場を設けています。また、運営委員会や症例検討会を設け、スタッフ間の連携も大切にしています。

閉じる

ページの先頭へ