概要

病気の症状をやわらげる手段としてお薬を使うことは治療の一つの方法です。しかし、体にとって好ましくない作用(副作用)が現れることもあります。なるべく副作用が少なく、効果のあるお薬を使うことが望まれています。
新しい薬が世の中で使われるまでには、くすりの「有効性(効果)」と「安全性(副作用)」を何段階にもわたり慎重に調べる必要があります。動物を用いた試験などで安全性が確認された後、健康な人や多くの患者さんにご協力いただき、さらに詳しく有効性と安全性を調べます。この、人を対象とした試験のことを「治験(ちけん)」と呼びます。当センターでは、国際水準の治験を実施し、医療の発展に寄与することを目標にしております。

【治験管理センターHPはこちら】

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

新薬を用いて国の承認を得るための成績を集める臨床試験は「治験」と呼ばれています。当センターは、多くの新薬の迅速な治験を実施して、信頼性の高いデータを提供し、より良い医療をより早く患者さんに提供することを目的としています。さらに治験に精通する医療人を育成することも目的としています。皆様にご協力をいただき、新薬開発に貢献しています。
新薬開発の分野でもグローバル化、すなわち施設、地域、国の垣根を越えて治験が進められています。当センターもこれに対応した治験実施体制を整備しています。しかし何よりも患者さんの権利を尊重し倫理性を保った治験が行えることが最も重要です。厚労省が定めた基準GCP (Good Clinical Practice)を遵守して、治験にご参加いただく患者さんやご家族へのケア、治験責任医師および担当医師への支援を提供するために、治験コーディネーターをはじめとするスタッフが活動しております。

治験管理センター長 日下 博文(神経内科 教授)

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

治験管理センターは、がん領域(肺がん・泌尿器系がん・頭頸部がん・脳腫瘍・膵がん・肝がん・乳がん・胃がん・血液がん・皮膚がん等)を中心に、眼科領域、神経内科領域、腎泌尿器科領域、麻酔科領域、外科、整形外科領域の治験を数多く受託しています。
また、国際共同治験の経験も豊富で、国際水準の治験を実施しております。患者さん対象の第1相試験や医師主導治験も受託が可能です。CT/MRI撮影などの放射線科の協力が必要な場合は、放射線科医師を治験分担医師に加え治験を円滑に実施しています。プラセボを使用できない二重盲検試験等での盲検・非盲検医師、盲検・非盲検CRC、盲検調剤者の対応も数多く経験しています。EDC、ECG・画像データの海外への送信、IVRS・IWRS(Web自動応答システム)の対応も可能です。詳細は、当院治験管理センターホームページをご覧ください。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

今日でも治すことのできない病気はたくさんあります。すでに薬による治療法のある病気でも、より有効性が高く、安全な薬が求められています。
治験は、薬の有効性や安全性を詳しく調べるため、通常の診療よりも検査の項目や回数が増えるなど、 研究的な要素を持っています。そこで、患者さんの権利が守られるよう、国の法律で厳格なルールが定められています。 製薬会社、病院、医師など治験に関わる全員がこのルールを守って治験を行います。また、当院で治験を行うことについては、治験審査(ちけんしんさ)委員会と呼ばれる委員会で、治験を実施することが倫理的、科学的および医学的に妥当かどうか検討されその承認を得ています。
私たちが現在使用している薬は、このような治験に参加していただいた多くの患者さんのご協力により、厚生労働省に薬として認められたものです。
 

閉じる