輸血・細胞療法部

概要

輸血・細胞療法部では輸血と細胞療法に関連した検査、および輸血用血液製剤(血液センターからの同種血及び貯血式自己血)や造血管細胞の保管管理を含めた輸血療法に関連する業務全般を担当しています。また、他部署との合同体制による輸血療法の24時間体制にも対応しています。さらに、造血幹細胞移植のための末梢血からの細胞採取をはじめとする、最新の細胞療法の業務も行っています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当院の輸血・細胞療法部は、従来の輸血業務に加えて、造血幹細胞移植の採取をはじめとする最新の細胞療法の業務も行っております。輸血に関する諸問題については、定期的に輸血療法委員会を開催し、特定機能病院にふさわしい輸血体制を整えています。輸血業務に関することでお悩みの方は、輸血・細胞療法部にどうぞお気軽にご相談ください。

輸血・細胞療法部 部長 野村 昌作

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

輸血療法は、適正に行われた場合には極めて有効性が高いことから、広く実施されています。近年、安全対策の推進により、輸血用血液製剤の安全性は向上し、免疫性及び感染性副作用・合併症は減少しています。しかし、これらの副作用・合併症を根絶することは困難です。輸血療法の適応と安全対策については常に最新の知見に基づいた対応が求められ、輸血について十分な知識・経験を有する医師のもとで実施するとともに、副作用発現時には迅速に対応することが重要です。私たちは輸血用血液製剤の適正使用に努めるとともに、血液製剤の安全性に関する情報の収集及び情報提供を目指しています。

閉じる

ページの先頭へ