関西医科大BRAND

関西医科大学

本学は、建学の精神に則り、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野をもつ人間性豊かな良医を育成することを教育の理念としています。

慈仁心鏡
慈仁心鏡、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。
関西医科大学

関連施設

  • 附属枚方病院
  • 附属滝井病院
  • 香里病院
  • 天満橋総合クリニック
  • 附属看護専門学校
  • 卒後臨床研修センター
来院される皆様

術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法

【診療科】     乳腺外科
【適応症】     原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性
           のものに限る。)
【承認年月日】  平成25年11月1日
【内    容】     標準的術後ホルモン療法単独、または標準的術後ホルモン療法と
           TS-1の併用療法があり、どちらも標準的術後ホルモン療法を5年間
           実施します。標準療法は主に閉経前はタモキシフェン、閉経後はア
           ナストロゾールを用います。併用療法はTS-1を1日2回50mg、14日間
           連日経口投与し、その後7日間休薬します。これを1コースとして投
           与開始から1年間、投与を繰り返します。
【費    用】     181円

このページのトップへ