HOME  |  医学研究科  |  概要  |  研究分野別教員研究内容一覧

研究分野別教員研究内容一覧

出願を希望する方は、出願書類を提出する前に、必ず指導を希望する研究分野の教員に事前相談してください。各教員の連絡先は大学ホームページを確認のうえ、各自で行ってください。

先端医科学分野

木梨達雄 教授(附属生命医学研究所 分子遺伝学部門)

免疫システムは免疫細胞がもつ活発な移動や接着機能を重要な基盤として、異物を認識し排除する機能をもつ。免疫細胞の動態制御機構を分子・細胞・個体レベルで明らかにする手法の修得・開発の指導を行いながら、生理的制御の理解を深め、その破綻による免疫不全や過剰な免疫細胞の集積を特徴とする自己免疫疾患、アレルギーなどの免疫病態解明や新たな治療開発の指導を行う。

北田容章 教授(解剖学講座)

生体内に存在する幹・前駆細胞の正常・病態における動態を追跡し、着目した細胞が、いつ・どこで・どんな細胞として機能するかを把握し、その細胞をどうすれば疾患治療に役立てることが可能かについて、再生が不可能な動物や再生が可能な動物を用いて明らかにすることを目的とする研究指導を行う。

中村加枝 教授(生理学講座)

情動や注意、社会的環境などが行動を変化させる神経メカニズムを明らかにするための、実験の計画、遂行、データの解釈、論文執筆について指導を行う。

小林拓也 教授(医化学講座)

蛋白質科学【構造生物学、生化学など】と神経科学的アプローチにより、蛋白質分子の機能を原子レベルから個体レベルまで解析する。生体における蛋白質分子の生理的及び病態生理的な役割を解明し、「くすり」の標的となる蛋白質分子を制御する化学物質・分子を探索・設計することを目指す研究について指導を行う。

中邨智之 教授(薬理学講座)

細胞外マトリックスの形成メカニズム、機能、および疾患における役割を分子レベルで明らかにし、新たな組織再生技術開発を目指す研究について指導を行う。

人見浩史 教授(iPS・幹細胞再生医学講座)

再生医学に関して、最新の知識と研究の動向を学び、再生医学研究の意義を理解する。自ら再生医学研究を立案し、遂行するための基本的技術を習得する。再生医学の実践として、iPS細胞を含む多能性幹細胞から目的とする臓器の細胞へ分化誘導する研究を指導する。疾患特異的iPS細胞を用いた病態解明や新規治療法開発などの研究についても指導を行う。

六車恵子 教授(iPS・幹細胞応用医学講座)

ヒトiPS細胞を用いた応用研究の「これまでと今」を知ることにより、基礎医学研究の重要性を学ぶことを目指す。また、患者と臨床医の協力の下で新規治療法開発を進めることを修得する。

赤根 敦 教授(法医学講座)

法科学分野における基礎知識と技能を身につける。この中には、生体成分や薬毒物の微量鑑定、DNA型鑑定に関する基礎知識、基礎技術および機器の操作法の修得を含む。これらの知識・技術を駆使する研究について、企画・遂行・考察・論文作成の技術を学習する。解剖介助の知識及び技術も修得する。

平野伸二 教授(生物学教室)

哺乳類の発生における形態形成や神経回路形成機構ならびに、それらの異常によって引き起こされる病態や発達障害に関する研究について指導を行う。

服部文幸 研究教授(iPS・幹細胞再生医学講座)

本特別研究の出発点は各人が興味を有する臓器や疾患である。臓器再生医療や新しい疾患治療方法、また新しい創薬システムの構築を目指して、基礎情報の収集や分析、そこから導き出される仮説の立案と研究方法ついて探求し、考察を深める。研究成果を得るためだけでなく、将来を輝かせるために自らをイノベーション(革新)することを目指す。

廣田喜一 学長特命教授(附属生命医学研究所 侵襲反応制御部門)

生体機能維持における酸素またその代謝物の役割をエネルギー代謝・細胞内シグナル伝達の観点から転写因子低酸素誘導性因子1(HIF-1)の解析を手がかりに理解し、疾患の病態の解明、治療法確立を目指した研究を遂行する能力の習得を達成目標とする。この目的を達成するために必要な知識を得る手段、基本的な実験手技の習得の指導を行う。

小早川令子 学長特命教授(附属生命医学研究所 神経機能部門)

分子生物学・生化学・生理学・行動学など様々な研究手法を駆使して、外界からの刺激に対して哺乳類の脳が適切な情動やそれに伴う行動および生理応答を誘発するメカニズムを解明するとともに、情動や生理応答を望ましく制御する新たな医療技術の開発を目指す研究を行う。

海堀昌樹 診療教授(外科学講座)

消化器外科領域における、手術侵襲作用機構の解明、また侵襲軽減効果の検討、各種癌治療における癌転移進展メカニズムの解明、および手術療法とDDSを含めた化学療法やウイルス療法開発を目指す研究について指導を行う。

里井壮平 診療教授(外科学講座)

臨床に直結した研究テーマに対して、臨床検体を用いて治療法の確立や病態解明を行う過程を学習し、新規知見を英文にまとめて世界に発信することができる研究者の育成を目指す。国内ならびに海外の施設との共同研究を通じて、質の高い臨床研究の立案・計画・実施・解析・論文作成を行う。

杉江知治 診療教授(外科学講座)

分子生物学や病理学的な手技をもとに、乳がん免疫微小環境における腫瘍と免疫細胞の相互作用を解明する。また、これらの基礎研究から得られた知見をもとに臨床応用をめざした橋渡し研究を立案・計画・実施できる医科学研究者の育成を目指す。

松田達志 准教授(附属生命医学研究所 生体情報部門)

細胞内シグナル伝達の視点から、免疫担当細胞の分化過程ならびに機能発現の分子基盤解明を目指す。また、これら基礎研究から得られた知見に基づき、難治性免疫疾患を標的とした新規の免疫制御技術の開発に取り組む。

徳弘圭造 学長特命准教授(附属生命医学研究所 ゲノム編集部門)

ゲノム編集技術を用いた研究手法を駆使して、疾患の分子メカニズムの解明や新しい治療法の開発に関する研究の指導を行う。

李成一 准教授(附属生命医学研究所 モデル動物部門)

動物の福祉向上および実験動物における種々の疾病の診断・治療・予防に関する知識を習得し、問題解決に応用できる能力を養う。また発生工学技術を駆使した遺伝子改変動物や疾患モデル動物の作製を理解し、その分子生物学的、生理学または病理学等の解析について精通した研究者の育成を目指す。

ゲノム医科学分野

蔦 幸治 教授(臨床病理学講座)

臨床現場におけるがんゲノム医療の遺伝子情報源は手術や生検的手技で採取された後にホルマリン固定、パラフィン包埋切片(FFPE)が大多数を占める。最適なFFPEを作製するには固定前、固定、固定後工程で様々な影響因子を理解する必要がある。DNAの断片化率等を指標として各工程の最適解を理解し遺伝子診断用サンプル作製工程に精通した研究者の育成を目指す。

甲田勝康 研究教授(衛生・公衆衛生学講座)

疫学を用いて、人の健康に影響する種々の要因を分析し、その中から利する要因と害する要因を特定し、前者を減弱し、後者を増強させるための対策とその評価を行う。具体的には、人を対象とした大規模疫学調査のデータや比較的小規模な臨床データ等の取扱いを通して、研究倫理・統計解析・結果の解釈・論文執筆の技術についての研究指導を行う。

日笠幸一郎 学長特命教授(附属生命医学研究所 ゲノム解析学部門)

メンデル型遺伝病や多因子性疾患の発症や予後に関連する遺伝的な因子を探索する研究についての指導を行う。

倉田宝保 診療教授(内科学第一講座)

悪性腫瘍、特に胸部腫瘍に対する薬物治療に焦点をあてた研究を行う。基礎的研究としましては悪性腫瘍のゲノム解析を実施し、薬物治療の効果との関連や有害事象の予測などを検討する。

三澤計治 講師(附属生命医学研究所 ゲノム解析学部門)

疾患関連遺伝子を含むヒトゲノム多様性の研究や、新しい統計学的検定法の開発に関する研究について指導を行う。

医用工学分野

齋藤貴徳 教授(整形外科学講座)

これまでの電気生理学検査では刺激や記録が困難であった深部末梢神経や脊髄の機能を測定するため、新たに開発された超伝導量子干渉素子(SQUID)磁気センサーを用いた神経機能測定法を導入し、さまざまな疾患への応用を研究する。

長谷公隆 教授(リハビリテーション医学講座)

活動の障害(activity disorders)に関わる病態を理解し、機能評価を通して広くリハビリテーション治療のあり方を把握し、人間工学的なアプローチを通じて生活に関わる問題を解決する方略を創生できる研究者の育成を目指す。

北脇知己 教授(数学教室)

本研究室では、生体計測装置や運動状態を計測する装置を用いて生体信号を収集し、現象をモデル化して数理的な解析を行うことで、生体現象の解明を目指した研究を実施する。研究課題としては、数理モデルの構築やデータ解析などを主とし、近年多様化する生物統計学についても研究対象とする。

木村 穣 教授(健康科学教室)

ヘルスケアを運動、栄養、心理などの臨床医学のみならず行動科学、医用工学も含めて理解します。またMBA的要素としてのマーケッティング、企業連携などのビジネス戦略、イノベーティブな思考、実践まで幅広い能力、ネットワーク構築の修得を目指す。

楠本邦子 准教授(物理学教室)

数百eV~数十keVのX線を用いたイメージング、マイクロX線CT、X線吸収微細構造分析などの手法を用い、生命現象を様々な視点から計測・観察するための新しい手法の開発に関する研究について指導を行う。細胞から生体・医療材料までを対象とし、X線と物質の相互作用を物理原理に基づいて考えられる研究者・技術者の育成を目指す。

問い合わせ先

学務部学務課大学院係
tel:072-804-0101(内線2223)
mail:gradumed@hirakata.kmu.ac.jp