HOME  |  看護学部  |  概要

概要

建学の精神・大学の使命

建学の精神

本学は、「慈仁心鏡」、すなわち慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを建学の精神とする。

大学の使命

本学は、 独創的な知性と豊かな人間性を備え、社会に貢献し得る医療人を育成するとともに、深く医学、看護学及びリハビリテーション学を研究し、広く文化の発展と公共の健康・福祉に寄与することを使命とする。

教育の理念

本学看護学部は、建学の精神である「慈仁心鏡」に基づき、幅広い教養と高い倫理観・人間愛を基盤に、人々の生命・健康・生活を統合した専門的知識・技術を備えた看護力で、社会に貢献できる柔軟な創造力・行動力をもつ人材を育成することを教育理念とし、学生の「自由・自律・自学」を基盤とした学びを保障する。

学部長メッセージ

身に付けてほしいのは、時代や地域を越えて通用する「看護の力」

看護の現場は医療機関から地域へと広がり、病院以外の施設や在宅でケアやサポートを必要とする人たちが大勢いらっしゃいます。また健康な人であっても健康の維持・増進に支援が必要な時もあり、近年医療の分野では「人」の学、「生活」の学の必要性が注目されるようになってきました。看護学の役割がより重要になってきたのです。

昨年からCOVID-19の全世界的流行の中で、看護が人に直接的に寄り添う医療職としての重要性が明確になっています。そんななかで関西医科大学看護学部は完成年次を迎えます。

看護学部では「講義」や、「演習」に加え、医療の現場や生活の中で学びを深める「実習」を用意しています。さまざまな関西医科大学附属医療機関のみならず、地域の福祉関連施設での実習経験を積むことは、職業人になるための貴重な準備となり、早い時期からいろいろな地域の「人」や「生活」を知ることは、多様な背景を考えるよい機会となるでしょう。そして、身近な体験を通して看護の課題が実感としてつかめれば、講義、演習、実習につながり、知識や技術をますます吸収できるようになるでしょう。

看護は体一つあればできる仕事、自分自身が道具なのです。例えば災害時の避難所で、最初は薬も医療器具もありませんが、顔色が悪いなと思ったら触診し、足が冷たいなと感じたら、さすってあげる、毛布を探してくるなど、自分がそこに行けば、何かできるのです。知識と技術を持った専門家であることがこれを可能にします。迷ってもいい。時には怠けたってかまわない。しかし、自分に向き合い、看護の力を信じてとにかく前に進むこと。やがてあなたは、はっきりと自分の中の看護の力に気付くでしょう。看護に関心があるみなさん。自分の力を信じて、まずは目の前の一歩を踏み出してみてください。

みなさんのチャレンジをお待ちしています。

3つのポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

取得可能な受験資格

看護学部生全員が看護師国家試験受験資格、および保健師国家試験受験資格を取得することができます。

看護師国家試験受験資格

看護師になるには、所定の学科を修め、看護師国家試験に合格する必要があります。看護師には人間を幅広く理解する能力や根拠に基づき計画的に看護を実践する能力、他職種と連携・協働していく能力などが求められるため、免許を取得する前の教育では、これらの能力を培うための教育が行われます。看護・医療の基本的な技術を学ぶだけでなく、思考力や洞察力、コミュニケーション能力などを身につけることが大切です。

保健師国家試験受験資格

保健師になるには、所定の学科を修め、保健師国家試験に合格する必要があります。あわせて、看護師国家試験に合格している必要があります。

助産師国家試験受験資格(選択制)

助産師になるには、所定の学科を修め、助産師国家試験に合格する必要があります。あわせて、看護師国家試験に合格している必要があります。
※助産師コースは、3年次2学期までの成績、学習意欲等を総合的に勘案し、希望者のうち10名が選択できます。

カリキュラム

1学年

  • 人々と生活・健康・生命の尊厳について学び、援助関係を構築する基礎的な能力を身につける。

2学年

  • 健康課題の成り立ちと生活との関連について理解し、健康支援に向けた看護の方法を学ぶ。

3学年

  • あらゆる健康状態に応じた支援をするための看護の方法を身につける。

4学年

  • 人の健康状態に応じ、その人がもつ力を発揮できるよう生活を調整する。

主な科目

1学年

医療人ガイダンス

医学の歴史と現状および今後の課題、医の倫理、さらに本学の歴史、建学の精神や地域特性について学び、医療者としての役割・責務について理解する。学生が、入学早期から医学部・リハビリテーション学部との合同ディスカッションや演習を通して互いの専門性を理解するとともに、看護学を学ぶ動機付けとする。

生活者について学ぶ

地域・集団・コミュニティで暮らす人々の理解を深め、看護職が人々の健康と生活に向けて果たす役割について理解する。まず、生活者として自分自身の暮らしぶりを見つめなおす。生まれ育った土地や環境、現在の住環境、食生活の変化と健康状態の関係等々のセルフアセスメントから始める。次に、友人や親戚等々の周りの人々を観察することで、暮らし全般についてアセスメントを進める。それらを通して、人々がよりよく生きていくために必要な看護の機能と役割について考察を深める。

人体のしくみ

人体のしくみにおいては、人体を構成する細胞、組織、各臓器の形態・構造について学び、健康の回復や保持増進に向けた支援を理解する素地を身につける。そのため、機能形態学を基本とし、循環器系、消化器系、呼吸器系など各系統における医療に実践に必要な解剖学を学ぶ。

2学年

生活機能学

本科目は、生活の観点から人々の健康状態を分析的に判断し、対象者に適した看護の必要性を導き出すための知識、技術、態度を習得することを目的とする。そのため、人々が成長発達していく中で直面する加齢や疾病などの影響による生活機能の低下を、人体の構造と機能・病態・治療と結び付けて理解し、ケアを見出す基礎的能力を身につける。

地域生活援助論実習Ⅰ

さまざまな地域の特色を理解したうえで、人々のヘルスニーズに応じた保健医療福祉活動の特性を理解する。地域看護の実践機関における保健師の活動内容、役割について理解する。

3学年

地域生活援助論実習II

地域生活援助論実習Iで学んだ知識・技術を活用し、さまざまな地域の特色を理解したうえで、人々のヘルスニーズに応じた保健医療福祉活動の特性の理解を深め、実践に結びつける。実習の場として、地域包括支援センターにおける高齢者の状況および、産業保健分野の活動について学び、保健機関との連携について考察する。

4学年

グローバルヘルスと国際看護

人々が暮らす地球のあらゆる環境の中で生じている健康問題について学び、看護が貢献できることは何かを理解する。人々が暮らすコミュニティにおける医療・福祉・保健行政の特徴、社会と人々の暮らしや文化が、どのように影響しているか理解する。さらに、国内外における文化の多様性を理解・尊重し、背景の異なる人々の健康や生活を人々の視点で支援するための方法を学ぶ。

オンラインシラバスについて

2020年度からシラバス(教育要項)はオンライン化されました。
下記のリンク先ページで看護学部をお選びください。

オンラインシラバス

卒業後の進路

医療のニーズが多様化する現代社会において、看護職の活躍のフィールドが広がっています。

働くフィールドは、関西医科大学の附属医療機関をはじめ病院や診療所、訪問看護ステーション、介護施設にとどまらず、教育研究機関や保健所、一般企業や官公庁などさまざまな機関、組織へと広がっています。また、さらに高度な専門知識や実践力の修得を目指し大学院へ進学し、高度実践看護師、看護管理者、教育研究者にキャリアを発展させることができます。

卒業後の進路

特徴

人を看る 生活を看る 新しい看護学教育

1年次から始まる地域での実習を通して人と生活に根ざした看護を学ぶ

看護の実践において重要なことは、コミュニケーション能力と合わせて、病の背後にある人の生活を理解すること、個人の健康レベルに応じた看護のニーズに対応することです。本学では1年次から地域の実情を把握する科目を設置。人々の生活に触れる実習などを通して、患者の生活までを視野に入れた看護を学びます。さまざまな価値観を受容できる教養教育の充実を基盤に、疾病だけではなく「人」を理解できる看護力を身につけます。

臨床現場に即した学びを可能にする多様なシミュレーション教育

実習に備えた実践的なトレーニング環境を完備。医学部棟のシミュレーションセンターも利用

看護学部棟内に外来診療・救急場面など臨床の現状に即した状況設定を再現できるシミュレーションルームを設置。これらの施設を活用し、実習に備えたトレーニングや実習で得た課題をシミュレータで反復練習することで、実践に即して学びながら看護知識・看護技術を高めることができます。これらに加え、医科大学でもトップクラスの広さを誇る医学部棟のシミュレーションセンターの施設も利用します。

看護学と医学の連携で幅広い視野を持つ医療人を育成

医学部・附属病院が隣接する環境で医療に関する幅広い知識を身につける

附属病院群で常に時代の先端を行く医療に接し、看護学部生と医学部生が早期から協働し連携することで、卒業後に予想される医療現場の実情に即したチーム医療を実践的に学びます。また、医学部との合同授業やカンファレンスを通して、医療における互いの役割を尊重し理解するとともに、看護の専門性をさらに深化させ、医療に関する幅広い視野を持った人材を育成します。

保健師国家試験受験資格を全員が取得可能

看護師・保健師国家試験受験資格を全員が取得できる統合カリキュラム

超高齢少子社会に突入している現代の日本において、地域における保健活動を推進する保健師の役割が拡大しています。本学では、看護学を基盤に地域住民の生活を視野に入れた保健師の育成を目指し、関連する講義をはじめ、都道府県、市区町村の保健所・保健センターにおける実習、各地域におけるフィールドワークなどを実施。保健師の役割と課題について学び、全員が保健師国家試験受験資格を取得することができます。さらに、選択制で助産師国家試験受験資格も取得可能です。

関西医科大学看護学部教員によるミニ講義(外部サイト)