HOME  |  リハビリテーション学部  |  学科・カリキュラムについて  |  作業療法学科

作業療法学科

作業療法士とは

作業療法士は、疾患・障がいの種類や病期を問わず、生活に支援を必要とするすべての人が“その人らしく生活すること”を支えるリハビリテーション専門職です。

作業療法士は、人体構造や疾患・障がいについての医学的知識を備えた医療専門職であり、医療・保健・福祉に関する制度やサービス、地域社会や福祉機器など生活環境についての知識を有した生活支援の専門家です。

さまざまな障がいに対して

  • あたま…高次脳機能障害・神経発達症(発達障害)
     脳の損傷により生じる記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害、学習障害などを対象とします。
  • からだ…身体障害・小児期障害
     脳・神経・筋の損傷により生じるさまざまな障がいを対象とします。
     心疾患・呼吸器疾患・がん等によって生じる障がいも対象としています。
  • こころ…精神障害・気分障害
     精神心理的な問題を抱えた方への支援をおこないます。

どんな時でも

  • 予防期…病気やケガが起こる前から
  • 急性期…病気やケガ、手術の直後から
  • 回復期…症状や障がいが落ち着いてきたら
  • 生活期…その人らしい生活をとりもどす
  • 終末期/緩和ケア…より高いQOLのために

あらゆる側面から

  • 基本的動作能力…身体機能/高次脳機能(注意・記憶など)/精神心理機能へのアプローチ
  • 応用的動作能力…生活でおこなう活動の自立支援
  • 社会的適応能力…就学/就労/地域での活動参加の支援

人生のすべてのステージで

  • こども…脳性まひ・発達障害・小児がん・筋ジストロフィー など
  • おとな…脳卒中・脊髄損傷・うつ病・がん・頭部外傷 など
  • 高齢の方…認知症・パーキンソン病・関節炎・介護予防 など

カリキュラムの特徴

作業療法学科では日常生活で行われる行為(食事、着替え、通勤・通学など)の障がいとその支援について学びます。障がい領域に特化した最先端の設備を設け、身体・精神・高次脳機能・発達の障がいや、子どもから高齢者まで専門性の高い作業療法を学ぶことができます。世界作業療法士連盟(WFOT) に準拠したカリキュラムに沿った多彩な科目を設置しています。

緩和ケアにおけるリハビリテーション(学部共通)
緩和ケアの概念、対象となる症状、対処法について学習するとともに、緩和ケア病棟や緩和ケアチームにおけるリハビリテーション専門職の役割について学習します。
アシスティブテクノロジー学
生活を支援するアシスティブテクノロジーは目覚ましく進化しています。最適な機器を提供・開発するための知識と技術を学びます。
神経発達症と作業療法
神経発達症(自閉スペクトラム症・ADHDなど)に対する治療理論や学校教育機関との連携、作業療法士の役割について、実践例を交えながら学習します。
就学・就労支援論
就学や就労は、人の成長や社会・家庭における役割の獲得につながります。就学・就労支援における多職種との連携や作業療法士の役割についての理解を深め、必要となる知識を習得します。
在宅支援論
在宅支援では、対象者が生活する住宅環境やコミュニティ、家族も対象とします。対象者が安全で健康に地域での生活を継続するために、作業療法士が果たすべき役割について学習します。また、地域生活に関連する施設・企業でのフィールドワークを行います。
スポーツと作業療法
認知機能(注意・身体イメージ・視覚認知機能など)がスポーツの競技場面においてどのような役割を担っているか理解を深め、スポーツ競技を脳科学の視点から分析し介入戦略を立案するための知識を習得します。

教員メッセージ

准教授・作業療法士 三木 恵美

専門領域:がんリハビリテーション・緩和ケア・地域リハビリテーション

作業療法士は、身体機能(からだ)・高次脳機能(あたま)・精神心理機能(こころ)を対象としたリハビリテーション専門職であり、対象者の健康で幸福な生活を支援する医療専門職です。

作業療法士は、機能回復を目指した治療はもちろん、生活場面での動作練習や環境調整により対象者が「自分らしい生活」を送れるよう支援します。そのためには、人体構造や疾患・障がいに関する医学的知識だけでなく、動作・活動を評価するための分析力やコミュニケーション技術、医療・保健・福祉にかかわる制度や機器についても幅広い知識を有しておくことが必要です。

関西医科大学では、世界基準の教育カリキュラムと各専門分野における教育・研究・臨床経験豊富な教員が、高度で幅広い専門的な知識・技術を身につけ、社会のニーズに応えて作業療法を創造・展開していける作業療法士、世界で活躍できる作業療法士を育成します。

皆さんのご入学をお待ちしています。

准教授・作業療法士 松島 佳苗

専門領域:発達障害・こどものリハビリテーション

私たちは、病気や障がいの有無に関わらず、自分らしく幸せに生きたいと願います。子どもも高齢者も、生きる喜びや目的、そして社会の中での役割は人を元気にします。作業療法士は、生きる喜びや目的を一緒に見つけることができる医療専門職であり、そのために必要な知識と技術を作業療法学科で学びます。

今日では、医学の進歩や社会情勢の変化に伴い作業療法士にも高い知識と技術が求められています。最先端の医療が身近にある関西医科大学では、他では得ることができない高い専門性を身に付けることができます。高度で幅広い専門性を身に付け、個々の対象者に寄り添える一流の作業療法士を目指しましょう。

卒業後の進路

  • 病院・診療所
  • 老人保健施設・通所リハビリテーション
  • 介護予防・健康増進事業
  • 保健センター・地域包括支援センター
  • 障がい者支援施設・児童福祉施設
  • 特別支援学校・学校教育施設
  • 地方公共団体
  • 就労支援事業施設
  • 教育・研究機関
  • 刑事施設
  • 一般企業