MENU

新聞、雑誌等掲載情報(2024年)

2024.5.21 女性自身2024年6月4日号
光免疫医学研究所 小林 久隆 所長
最新のがん治療を取り上げた記事で光免疫療法が取り上げられ、小林所長による治療法の解説が掲載されました。
2024.5.20 週刊エコノミスト2024年5月28日号
光免疫医学研究所 小林 久隆 所長
光免疫療法を取り上げた記事で、小林所長による治療実績や今後の課題に関するコメントが掲載されました。
2024.5.14 読売新聞 夕刊
医学部小児科学講座 石﨑 優子 診療教授
石崎診療教授が取材協力し、2023年12月9日(土)に東京本社版に掲載された、決められた容量を超えて薬を摂取するオーバードーズの実態や危険性を解説した記事が大阪本社版にも掲載されました。
2024.5.7 サンデー毎日2024年5月19日・26日合併号
医学部内科学第一講座 宮下 修行 診療教授
高齢者が亡くなる原因の上位を占める肺炎について特集した記事で、罹患した際の症状や予防法などについて詳しく解説した内容が掲載されました。
2024.4.24 読売新聞 夕刊
医学部腎泌尿器外科学講座 木下 秀文 教授
白血球による尿路結石分解の様子をiPS細胞で再現することに成功した名古屋市立大学の研究について、今後の展望を述べた木下教授のコメントが掲載されました。
2024.4.23 日刊工業新聞
医学部iPS・幹細胞応用医学講座 六車 恵子 教授
六車教授らの共同研究グループが、患者由来のヒトiPS細胞を用いた解析を行い、視細胞の細胞死が光刺激で誘導され、EYS関連網膜変性疾患の病態に重要な役割を果たすことを発見した旨が、掲載されました。
2024.4.8 日本食糧新聞
医学部小児科学講座 赤川 翔平 講師
赤川講師らが、帝人株式会社および株式会社フランソアと共同で、機能性大麦継続摂取による小児の食物アレルギーへの影響の検証試験を開始する旨が、掲載されました。
2024.3.29 毎日新聞 朝刊
医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座 日高 浩史 准教授
難聴や補聴器をテーマにした「第28回耳の日セミナー耳の健康を考える」で、日高准教授が「快適な補聴器ライフを送るために~耳鼻咽喉科医による診断、処置、手術~」をテーマに講演を行い、その内容が掲載されました。
2024.3.25 化学工業日報
医学部小児科学講座 赤川 翔平 講師
赤川講師が所属する本学小児科学講座が、帝人株式会社および株式会社フランソアと共同で、機能性大麦継続摂取による小児の鶏卵アレルギーへの影響を観察する試験を開始した旨が、掲載されました。
2024.3.15 読売新聞 朝刊
医学部形成外科学講座 日原 正勝 准教授
電気ケトルによる乳幼児のやけどに注意を呼び掛ける記事で、本学附属病院での診察事例を対象とした調査結果や、日原准教授による重症化の危険を指摘するコメントが掲載されました。
2024.3.4 毎日新聞 朝刊
医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座 日高 浩史 准教授
難聴や補聴器をテーマにした「第28回耳の日セミナー耳の健康を考える」で日高准教授が補聴器の満足度についてコメントしたことが掲載されました。
2024.2.23 読売新聞 朝刊
医学部形成外科学講座 光井 俊人 診療講師
難治性皮膚潰瘍を取り上げた記事で、本学附属病院での治療例と、光井診療講師による受診の目安の解説が写真付きで掲載されました。
2024.2.14 読売新聞 朝刊
総合医療センター 中森 靖 副病院長
免疫不全のがん患者のコロナ感染の際、薬が効かない耐性ウイルスに変異することがあるケースを取り上げた記事で、ウイルス解析により薬を変えるなどの対応を行った総合医療センターが取り上げられ、手引きにない投薬に医療機関が二の足を踏むことによる患者の置き去りを懸念した中森副病院長のコメントが掲載されました。
2024.2.6 毎日新聞 朝刊
看護学部 三木 明子 教授
医療現場で医療従事者が患者や家族から迷惑行為を受ける「ペイシェントハラスメント」を取り上げた記事で、三木教授による調査の結果や、病院全体での取り組みが求められるとの三木教授のコメントが掲載されました。
2024.1.26 西日本新聞 夕刊
医学部麻酔科学講座
附属病院看護部
梅垣 岳志 准教授
柴崎 靖代 副師長
特定看護師による医療行為をテーマとした記事で、本学附属病院の事例が取り上げられ、梅垣准教授(附属病院総合集中治療部副部長)や柴崎看護副師長のコメントが掲載されました。

バックナンバー

ページの先頭へ