新人研修

Rookie Training
トップ > 教育・研修を知る > 新人研修

はじめの一歩をしっかりと応援しています。

はじめての場所で、はじめてのことに取り組む。それも命を扱う現場なら、不安になって当然です。しかし、ここ関西医科大学附属3病院なら安心。大学病院ならではの整った教育システムとメンタル面を支えるさまざまな環境づくりで、新人看護師のはじめの一歩を応援しています。

新人看護師、1年目の主な研修スケジュール

4月

入職時研修

病院・看護部組織について、基礎看護技術演習、電子カルテ操作教育、医療安全など

かるがも研修

先輩看護師が看護を語りながら匠の技をみせてくれます。

BLS

実践的な演習で、いざというときの自信につながります。

5月

リフレッシュ研修Ⅰ

リラックスしながら、仲間ときずなを深めます。

夜勤前研修

夜勤に入る前に、心と体を整えるための研修です。
image

6月

ローテーション研修開始

自分が所属する部署で経験する機会が少ない看護を、研修部署の先輩と関わりながら経験し、看護の歓びを実感できる研修です。

フィジカルアセスメント

さまざまなシミュレーターを使い臨床実践に即した方法で行っています。自信がつく研修です。

看護論理

身近な事例をもとに討議し、考え方・行動について深めていく研修です。

7月/8月/9月

リフレッシュ研修Ⅱ

同期同士が集まり、看護を振り返る場として好評です。
image
image

10月/11月/12月

採血研修

確実にできるようになるまで支援します。

看護過程

受け持ち患者の看護を通してPDCAの視点から内容を深めていきます。

人工呼吸器

初級コースで苦手意識が払拭できます。
image
image

1月

エンゼルケア

人への尊厳、死生観について学び、エンゼルケア技術が修得できます。

看護研究(文献検索)

看護を科学する切り口を学んでいきます。

多重課題

日々の業務の中で一番困惑する多重課題を、実際の事例を基にロールプレイを通して解決方法を学ぶ研修です

2月/3月

修了式

1年の成果・成長を認めあいます。修了式を遂行します。
image
image

シスター研修

image
2つ上の先輩が「お姉さん」「お兄さん」役を担ってくれるシスター制。新人の気持ちを最も理解する、身近な相談相手としてメンタル面のフォローをしてもらえます。固定チームナーシングの看護体制のもと、チームのメンバー全員が、実地指導者として看護の基本を指導。新人看護師が抱える不安や悩みもチーム全員でサポートしています

シュミレーション研修

image
大学病院附属のメリットとして300㎡という広大なスペースに87種類258台の最新機器を備えたシミュレーションセンターでの研修があります。BLS、フィジカルアセスメント、採血など、実際の患者さんに行う前に実践さながらの状況を体験することで、自信と安心感を持って看護に取り組める体制を整えています。

ローテーション研修

image
1週間ちがう病棟へ出向き、自部署では経験できない看護に触れることができる「ローテーション研修」。特に看護師全員が必ず手術室を体験することで、病棟での術前・術後ケアへ活かせるようにしています。

新人さんの声

image

充実した研修プログラムのおかけで
安心して1年目を過ごせています。

1年目の看護師が身につけなければいけない知識や技術はたくさんあるのですが、関西医科大学ではそれらをきちんと計画立てて研修を組んで教えてくれるので、とても助かっています。また、実践的なことをシミュレーション室で体験できることも安心につながっていると思います。これまで受けた研修で印象深かったのは「エンゼルケア」についてのもの。葬儀会社の方にお越しいただいて、私たちが見送った後の故人やご家族の様子、思いをたくさん教えていただきました。患者さんの死というのは、看護師をつづける中で何度も訪れることですが、そのご家族にとってはたった一度きりのこと。大切な別れのときを迎える際に看護師としてどう接するか。そのことをとても考えさせてくれる機会になりました。

豊かな気持ちを
いつまでも持った看護師に。

4月に行われた「夜勤前研修」も、実際の業務にとても役立ちました。「夜勤」というものに対してまだ漠然としかイメージが持てない時期に、仕事の流れや巡視時の注意点、夜勤後の過し方などを丁寧に紹介。教えていただいたのは2年目の先輩だったので、「ああ、1年後には自分もこんな風にならなきゃ!」と未来の姿が明確になったのを覚えています。これからの目標は、患者さんを「病気の方」として見るのではなく、その方の性格や人生、素敵な部分をたくさん知り、患者さん自身を見ることができる看護師になること。今はまだ自分のことでいっぱいになってしまう場面も多いですが、患者さんの役に立ちたいという思いや看護の喜び、別れの寂しさなど、豊かな気持ちをいつまでも持ちながら働く看護師でいたいですね。
附属病院 7N病棟 2017年入職
Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.