Q&A / お問い合わせ

QandA / Contact
トップ > Q&A ・ お問い合わせ
採用全般について


【関西医科大学 人事部 人事研修課】
TEL:0120-012-477
〒573-1010 大阪府枚方市新町2丁目5番1号

病院見学会・インターンシップについて

【附属病院】
看護部E-mail:kangobux@hirakata.kmu.ac.jp
TEL:072-804-2920 (看護部看護管理室直通)
〒573-1191 大阪府枚方市新町2丁目3番1号

【総合医療センター】
看護部E-mail:kangobut@takii.kmu.ac.jp
TEL:06-6993-9522(看護部看護管理室直通)
〒570-8507 大阪府守口市文園町10番15号

【香里病院】
看護部E-mail:kangobuk@kouri.kmu.ac.jp
TEL:072-832-5321(代) 
〒572-8551 大阪府寝屋川市香里本通町8番45号

《 お電話の受付時間(各病院共通)※メールに不具合が生じた場合等 》
月〜金曜日………9時〜16時/第1・3・5土曜日………9時〜12時

《 メールで各病院の看護部へ直接お申し込みください 》
下記項目を明記してください。

■病院見学会にお申し込みの場合
1.氏名
2.ふりがな
3.看護大学名または学校名
4.卒業年(平成〇〇年)
5.電話番号
6.メールアドレス
7.見学希望日
8.特に見学したい診療科

■インターンシップ研修にお申し込みの場合(平成31年3月卒業予定の看護学生)
1.氏名
2.ふりがな
3.性別(更衣場所確保のため)
4.看護大学名または学校名
5.電話番号
6.メールアドレス
7.参加希望日(第1〜第3希望)
8.希望実習部署・診療科

※メールでのお申し込み後、数日経過しても連絡がない場合は、各病院看護部にお問い合わせください。

Q&A
職場環境について
教育・キャリアアップについて
採用について
福利厚生について
中途入職について
職場環境について
Q.
看護体制について教えてください。
A.
附属病院・総合医療センター・香里病院の3病院では固定チームナーシングという看護体制をとっています。看護配置は7:1です。
Q.
勤務形態、勤務時間について教えてください。
A.
2交替制です。
勤務時間は【日勤 8:30〜16:30】【夜勤 16:30〜8:30】です。
休憩時間2時間と食事時間30分間あり、休憩時間内に仮眠できます。
Q.
配属の際、希望の病棟や部署を選ぶことはできますか?
また、入職後、部署を異動することはできますか?
A.
本人の希望を優先します。
希望が偏る場合は、面接した上で人員構成など総合的に検討して決めています。
異動は可能で、毎年9月にキャリアアップ目的で希望調査を行い、3病院の人事交流を促すためにも異動を実施しています。
Q.
夜勤はいつごろから入りますか?
A.
5〜6月頃から組み入れていますが、入る前に「夜勤導入セミナー」を受けていただき、プラスの人員で練習期間を設定しています。
独り立ちの時期は、個々の状況に応じて決めます。
Q.
残業時間はどれくらいですか?
A.
附属病院の新入職者の場合(H28年度)、平均4時間/月です。
業務調整をし、特に新入職者に対しては残業のない環境を作っています。
Q.
電子カルテを使用されていますか?
A.
附属病院・総合医療センター・香里病院の3病院では、電子カルテを使用しています。
Q.
在籍されている看護師の平均年齢、平均勤続年数を教えてください。
A.
3病院平均で、平均年齢:33歳、平均勤続年数:9年です。
Q.
男性看護師は何人いますか?
A.
3病院で83名勤務しています。(附属病院54名、総合医療センター24名、香里病院5名)※平成29年12月現在
附属病院では、
通称「HERO」という男性看護師会を結成し、ボランティア活動、チーム力アップ、
レクリエーション企画などの取り組みを行うなど、あらゆる分野で積極的に活躍しています。
※HERO…Hirakatano(枚方の)Egaode(笑顔で)Ririshii(凛々しい)Otokogumi(男組)
総合医療センターでは、
「つながりを大切に」をモットーに、お互いが協力し合い、切磋琢磨することでスキルを高め、
患者さんに安全・安心の看護を提供できるように活動しています。
Q.
自動車での通勤は可能ですか?
A.
原則禁止しています。各病院とも最寄り駅から近いためです。
Q.
制服やナースシューズなどの貸与はありますか?
A.
制服は貸与、ナースシューズ・靴下は支給しています。
白衣のデザインは3種類あり、その中から自由に選択できます。
教育・キャリアアップについて
Q.
現在、在籍されている専門・認定看護師について教えてください。
A.
3病院で62名在籍しており、質の高い看護を実践しています。(平成29年9月現在)
■ 専門看護師7名
(1)急性・重症患者看護
(2)母性看護
(3)がん看護
(4)在宅看護
(5)精神看護

■ 認定看護師55名(17分野)
(1)認定看護管理者
(2)救急看護
(3)手術看護
(4)集中ケア
(5)慢性心不全看護
(6)新生児集中ケア
(7)不妊症看護
(8)乳がん看護
(9)がん化学療法看護
(10)がん性疼痛看護
(11)がん放射線療法看護
(12)緩和ケア
(13)糖尿病看護
(14)摂食・嚥下障害看護
(15)認知症看護
(16)皮膚・排泄ケア看護
(17)感染管理
Q.
認定看護師を目指したいのですが、病院からの支援はありますか?
A.
支援体制が整っています。大学規定に準じ、看護部の推薦を受けて受講できます。受講期間中は出張扱いです
Q.
専門看護師を目指したいのですが、病院からの支援はありますか?
A.
支援体制が整っています。大学規定に準じ、看護部の推薦を受けて受講。
Q.
大学院に進学したいのですが、退職せずに進学することは可能ですか?
A.
サポート体制があり、可能です。実際に、休職制度を使って進学する方や、年休・時間年休などをうまく使いながら、仕事と並行して通っている職員もいます。
Q.
院外研修への参加はできますか?
A.
院内全体で、研修参加への支援体制が出来ています。
看護協会主催を主として、各種学会、研修会、研究発表会など積極的に参加を促しています。
看護研究発表会は、3病院合同で年間1回開催。全国学会等へも積極的に発表しています。
Q.
勉強するための施設、設備は整っていますか?
A.
卒後臨床研修センターに、看護実践支援部門を設け、シミュレーション研修などの充実を図り、
種々の看護実践能力の獲得支援や優秀な看護教育者の育成を行っています。
また、各部署には教育担当者がおり、段階的にスキルアップできるようクリニカルラダーを導入して教育指導を行っています。。
採用について
Q.
求められる看護師像について教えてください。
A.
以下のような方を求めています。
1. 全ての患者さんに優しさを持って対応できる人
2. 技術や応対など学びの面で、向上心のある人
3. 自分自身に正直な人
4. 人と話すことが好きな人
Q.
選考方法について教えてください。
A.
書類審査、適性検査、面接(15分程度の個人面接)、小論文による選考を行います。
小論文は、医療、看護に関するテーマで、60分間・800字程度にまとめていただきます。
Q.
新人は毎年、何人採用しますか?
A.
3病院で約170名採用しています。
Q.
病院見学・説明会に参加したいのですが、指定されている日では予定が合いません。個別に見学できますか?
A.
随時受付していますので各病院の看護部へ直接メールにてご連絡ください。(但し第2・4土・休日は除く)
※附属病院(枚方)は見学希望日の2週間前までにお申し込みください。
なお、看護学生(最終学年)対象にインターンシップ研修も実施しています。詳細は見学会・インターンシップをご覧の上、お申し込みください。
Q.
早く応募した方が有利ですか?
A.
毎年採用数が決まっており、その枠が埋まり次第採用試験は終了となります。お早めに受験いただくことをお薦めします。
Q.
奨学金はありますか?
A.
あります。詳細につきましては看護奨学金の項目をご覧ください。
福利厚生について
Q.
休日や有給休暇は、どれくらいありますか?
A.
年次有給休暇は、初年度10日、次年度15日、以降勤続年数を経るごとに
1日ずつ加算されていき、20日を限度(繰越最高40日)としています。
休日は、日、祝日、創立記念日振替日、年末年始(12月29日〜1月3日)、
夏季休暇として6日間あります。(7月〜9月の間)
※ただし、交替勤務者は4週8休・振替休日制です。
Q.
看護師寮は希望すれば必ず入ることができますか?
A.
新規入職者を対象としており、希望された方は入居が可能です。期間は原則一年間です。
Q.
看護師寮の家賃を教えてください。
A.
本人の負担額は月額21,500円程度です。
(住宅手当が支給されます。光熱費は実費です。)
※寮によって家賃が異なります。
Q.
妊娠・出産をしても働き続けられる環境がありますか?
A.
母性保護に対する環境は整っています。
産休・育児休業からの復帰支援、院内保育所を完備しており、さまざまな子育ての支援対策を図っています。
Q.
保育所、託児所はありますか?
A.
附属病院、総合医療センターに保育所を付設しています。附属病院では夜間保育も実施しています。
Q.
院内にクラブ活動はありますか?
A.
フットサル、バレーボール、ソフトボールなどサークル活動があります。
大学主催の球技大会は毎年行っていて、
職種を超えてのチーム編成が行われ、優勝を競っています。
そのほか、ランチ・ケーキバイキングなどを実施しています。
中途入職について
Q.
教育体制はありますか?
A.
個人の状況に合わせたメニューを企画し、教育を行います。さら新人教育の講座も希望により参加が可能です
Q.
臨時職員から正職員になることはできますか?
A.
再度正職員採用試験を受験頂くことで、可能です。
Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.