MENU

理事長・学長挨拶

光免疫医学研究所開設にあたって

 関西医科大学は研究力の更なる向上のために、1つの領域で「世界でonly oneかつnumber one」となる最先端医学研究所構想を温めてきました。この度、この構想にまさに一致する小林久隆氏という人材と光免疫療法というテーマを得て、本年4月1日に「関西医科大学光免疫医学研究所」を開設いたしました。

 「光免疫療法」は、第5のがん治療法として世界的にも注目されており、多くのがん治療法に寄与すると期待されています。この療法の研究拠点を国内に設けることは、本学のみならず医学界の発展にとって非常に有意義であることは言うまでもありません。研究所長には、「光免疫療法」を開発した米国NIH主任研究員の小林久隆先生を招聘し、本学特別教授にも就任いただきました。小林先生を筆頭に、3つの研究部門に約30人もの研究スタッフが勤務する国内屈指の研究拠点となります。同研究所の研究が、遠くない将来、がん患者さんの多くに喜ばれる治療法に生まれ変わっていることを期待しております。

 このように本学は、がんに苦しんでおられる一人でも多くの患者さんを救うため、小林先生と共に日々「光免疫療法」の研究と実用に向け推進していきます。また、それらの情報を積極的に発信していきたいとも考えておりますので、今後の研究にご期待ください。

学校法人関西医科大学理事長 山下敏夫

光免疫医学研究所に期待を寄せて

 2022年4月に開設される関西医科大学附属光免疫医学研究所は、光免疫医学の国内で初めての研究機関となり、基礎から臨床へのトランスレーショナルな研究の拠点となります。すでに報道等で紹介されている光免疫療法は、光線力学療法と免疫療法を組み合わせた新しい治療法で、従来の手術、放射線、化学療法、免疫療法に加え、第5のがん治療として注目されています。癌細胞に特異的に結合する抗体薬剤に光感受性物質を結合させ体内に注入し、体内外から近赤外線を照射することで、その細胞膜を破壊し癌細胞を死滅させる。それだけではなく放出された癌特異的抗原に対して免疫反応が惹起されるため、原発巣以外の転移巣や再発癌に対しても作用が期待できる治療法です。すでに一部の施設で切除不能または局所再発の頭頸部癌に対して臨床応用が開始されています。

 開発者の小林久隆教授(米国NIH主任研究員)は、1987年に京都大学医学部を卒業され、2004年から現職に就任。2011年11月6月にNature Medicine誌に研究成果を発表し、その翌年2012年の米国オバマ大統領の一般教書演説でも紹介され、一躍世界的に注目されるようになりました。小林教授はこの治療法を日本でも展開すること、合わせて他のがん細胞(頭頸部癌以外の癌)にも効果のある薬剤の開発を進めたいとの意志から本研究所所長に着任されます。

 研究所は3つの研究部門からなり、基礎開発部門は花岡宏史研究所教授が、免疫部門には福山英啓研究所教授が、腫瘍病理学部門には来年度に教授が着任予定です。いずれ総勢30名程度の規模で研究所が運営されます。研究所の規模は、枚方メイン学舎内に約1700m2のスペースを確保し、動物実験施設、基礎研究施設、研究者の居室からなります。

 一方、患者さんへの治療施設として、昨年4月から附属病院内に「光免疫療法センター」が設置されました。当面は頭頸部癌を対象に、本学耳鼻咽喉科・頭頸部外科の岩井 大教授を中心とした医療チームが治療に当たります。今後の薬剤の開発によって、肺癌、大腸癌、乳癌など他の癌への応用も始まるものと思います。

 副作用の少ない夢のある新しいがん治療に向けて、本研究所の意義は大きく、多くの患者さんや家族から大きな期待が寄せられています。

 

学校法人関西医科大学学長 友田幸一

ページの先頭へ