関連施設

関西医科大学

関西医科大学

関西医科大学は、昭和3年に大阪女子高等医学専門学校として開校し、自由、自律、自学の校風のもとに多くの優れた女医を輩出してきました。昭和22年に大阪女子医科大学、昭和29年には男女共学になると同時に校名を関西医科大学と変更、昭和36年には大学院医学研究科が設置され、現在に至っています。平成21年には創立80周年を迎え、今日までの卒業生は7,000名を超え、それぞれが人間性豊かな良医として医学・医療に貢献し、多くの人が大学、病院、地域医療など様々な分野で指導的立場に立ち活躍しています。平成25年4月、枚方に新学舎をオープンしました。

附属病院

附属病院

平成18年開院の最新医療設備を備えた特定機能病院です。総合周産期母子医療センター、心臓血管病センター、健康科学センター、生殖医療センター、救急センター、総合リハビリテーションセンター、PET(陽電子放射断層装置)や3テスラ MRIなどを持つ放射線部などを擁し、高度先進医療を まごころ とともに提供します。(751床)

 

総合医療センター

総合医療センター

 昭和7年の発足以来、大阪府北河内医療圏における基幹病院として長い歴史を刻んできました。高度救命救急センター、ブレインメディカルサービス、心臓血管病センターなどが設置され、高度最先端医療を核に開かれた病院として地域の皆様の健康を支えます。(477床)

 

香里病院

香里病院

香里園駅東地区第一種市街地再開発事業「かほりまち」の一環として建設が進められ、平成22年7月1日に開院しました。専門診療科にとらわれない全人的医療を行い、地域の皆様から信頼される病院を目指します。(199床) 


 

くずは病院

くずは病院

平成30年1月に関西医科大学と経営統合し関西医科大学くずは病院となりました。救急医療、亜急性期医療、さらに慢性疾患における長期療養や訪問看護リハビリテーション、介護のすべてを担う病院です。(94床)

天満橋総合クリニック

天満橋総合クリニック

財団医療法人OMMメディカルセンターは、設立後40数年を経た平成24年春に関西医科大学と経営統合し、関西医科大学天満橋総合クリニックとして再スタートしました。総合健診センターおよび総合外来部門を有する大学附属の医療機関として、他の関西医科大学附属病院や健康科学センターとの連携を強め、病気の予防・早期発見から総合外来診療まで一貫した、心のこもった医療を提供し、さらに大学の高度先進医療へのかけ橋となります。
 

関西医科大学附属看護専門学校

関西医科大学附属看護専門学校

昭和7年に開校以来、学生が主体的に学習に取り組み看護の専門知識・技術を習得しやすい環境を整えるとともに、心優しい中にも、誇りと責任感を有した看護師の育成に努めています。

 

KMU BRAND 関西医科大学 関連施設