教育・研修を知る

Educaiton system
トップ > 教育・研修を知る
1)看護専門職業人としての知識・技術の向上(specialty)
2)指導能力の向上(Leadership)
3)組織及び業務管理能力の向上(Management)
看護実践支援部門は各附属病院と協同し、時代のニーズを取りいれた教育計画を立案、実施、評価を行い、常に利用者のニーズに合う循環型プログラムの考えを基本にしている。 また、継続教育の体系化を図りクリニカルラダーを取り入れ、受講者のニーズに基づいた教育を目指している。
関西医科大学各附属病院看護部の理念を基に、看護部の職員一人ひとりが自分の目標を明確にし、やりがいと達成感を味わうとともに看護職業人として段階的に成長することを目指している。 個人と組織の目標の統合をはかり、人として、看護職員としての将来の目標と必要とされる能力を向上させるためにキャリア開発としてクリニカルラダーを導入している。
1)関西医科大学の看護職員として必要な看護実践能力を段階的に明示し、その到達を示すことによって看護の質の向上をはかる。
2)教育背景やライフスタイルの異なる個々の看護職員の教育ニーズにあった継続教育の体系化をはかり、教育の効果・効率を高める。
3)看護実践能力を考慮した適切な人材配置を行う。
4)個人の看護実践能力向上の動機付けとなるよう支援する。
5)看護職員の仕事の満足度を促進する。

クリニカルラダー

レベルI レベルII レベルIII レベルIV レベルV
1-1
日常生活のための基本技術・態度を身に付け、ベッドサイドケアが安全・確実に実践できる
1-2
担当患者のケアを通して看護の知識・技術を深められる
2
看護チームメンバーの役割と責任を果たす
3
院内研修に参加し自己課題を明確にする
4
看護研究発表会・学会に参加し研究的視点を養う
1-1
急性期病院における看護過程を踏まえた標準的ケアが実践できる
2-1
主体的に看護チームメンバーの役割と責任を果たす
2-2
助言を得てリーダーの役割と責任を果たす
3
院内研修を看護実践に活用できる
4
臨床疑問を研究的視点でとらえることができる
1
急性期病院における看護過程を踏まえ創意工夫したケアが実践できる
2
状況に応じたリーダーシップが発揮できる
3
院内外研修を看護実践に活用できる
4
部署の課題を研究的視点でまとめる事ができる
1-1
急性期病院における看護過程を踏まえ創意工夫したケアが実践できる
1-2
専門領域における看護実践の役割モデルとなれる
2
あらゆる場面でのリーダーシップが発揮できる(自律・権限・責任)
3
後輩および学生に対し教育的役割がとれる
4
看護研究を通して専門看護を深めることができる
1-1
専門的な看護師として模範となり、専門性を発揮できる
1-2
創造的な看護実践を展開できる
2
部署における課題を明確にし、目標を示しながら管理行動がとれる
2
部署における教育的役割がとれる
3
管理および専門看護分野における研究開発を行い、変革の推進者となれる
フィジカルアセスメントⅠ
放射線暴露・BLS
検体の取り扱い・輸血管理
災害看護・継続支援
エンゼルケア・看護倫理
採血研修
創傷ケア・ドレーン管理
感染管理・看護過程
メンバーシップ・多重課題
人工呼吸器Ⅰ・呼吸ケア
リフレッシュ研修
フィジカルアセスメントⅡ
看護倫理
看護過程
災害看護
看護研究
シスターシップ
継続支援
継続支援
フィジカルアセスメントⅢ
マネージメント
問題解決・交渉術
臨床倫理
看護理論

教育体制

images

各病院サイトに移動する

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.