教育・研修を知る

Educaiton system
トップ > 教育・研修を知る > 教育・研修を知る
1)看護専門職業人としての知識・技術の向上(specialty)
2)指導能力の向上(Leadership)
3)組織及び業務管理能力の向上(Management)
看護実践支援部門は各附属病院と協同し、時代のニーズを取りいれた教育計画を立案、実施、評価を行い、常に利用者のニーズに合う循環型プログラムの考えを基本にしている。 また、継続教育の体系化を図りクリニカルラダーを取り入れ、受講者のニーズに基づいた教育を目指している。
関西医科大学各附属病院看護部の理念を基に、看護部の職員一人ひとりが自分の目標を明確にし、やりがいと達成感を味わうとともに看護職業人として段階的に成長することを目指している。 個人と組織の目標の統合をはかり、人として、看護職員としての将来の目標と必要とされる能力を向上させるためにキャリア開発としてクリニカルラダーを導入している。
1)関西医科大学の看護職員として必要な看護実践能力を段階的に明示し、その到達を示すことによって看護の質の向上をはかる。
2)教育背景やライフスタイルの異なる個々の看護職員の教育ニーズにあった継続教育の体系化をはかり、教育の効果・効率を高める。
3)看護実践能力を考慮した適切な人材配置を行う。
4)個人の看護実践能力向上の動機付けとなるよう支援する。
5)看護職員の仕事の満足度を促進する。

クリニカルラダー

キャリア開発のツールとしてクリニカルラダー制度を取り入れています。レベル毎に目標が明確になっているので、段階的にレベルアップできます。 また、個々のペースに合わせて修得できるので、着実に知識・技術を統合した実践能力が身につきます。

教育体制

images

各病院サイトに移動する