MENU

  • 「ママパパクラス」オンライン開催・母親支援のホットライン開設について

大学全体 2020年6月29日

「ママパパクラス」オンライン開催・母親支援のホットライン開設について

 新型コロナウイルス感染の拡大により自粛が相次ぐなか、周産期施設、自治体や保健所などによる集団援助や健診事業が中止となっています。妊婦健康診査時の個別対応も十分得られないまま出産や育児に対する不安感や負担感を募らせている状況に対応すべく、本学が大阪乳児院と2019年度から共同連携事業として展開している大阪乳児院産前産後支援事業「おくるみ」に基づき、妊婦と母親(家族を含む)を対象に「出産準備教育」「育児教室」をはじめとする集団支援「ママパパクラス」をオンラインで提供いたします。

 さらに、妊娠・出産について自身で相談や受診をすることが困難である方を対象とした「ホットライン」を開設いたします。

「ママパパクラス」のオンライン開催について

「どきどき妊婦クラス」「わくわく妊婦クラス」「出産準備クラス」「ママ入門クラス」の4種の「ママパパクラス」をオンラインで提供いたします。

  • 開催:週1回の各教室を実施し、1回の教室は90分間とし教室後30分は座談会の場を提供します。
    教室運営は大阪乳児院「おくるみ」メンバーと関西医科大学看護学部母性(助産)看護学領域教員および地域の助産師が担当いたします。
  • 参加料金:無料 (新型コロナウィルスが無事に収束し、医療施設や地域にて集団でのクラス運営が再開される頃には有料化に戻る可能性があります。ご了承ください)
  • 定員:20名

※参加ご希望の方は「詳細・予約はこちら」からご予約ください。 


【クラスご紹介】
  • どきどき妊婦クラス
  •  妊娠おめでとうございます!!今はこれからの妊婦生活、出産に向けて期待と不安の毎日かと思います。妊娠中は、妊娠の経過に伴って心とからだも変化します。

     「どきどき妊婦クラス」では、妊娠15週までの妊婦さんを対象として、楽しいマタニティライフを送るために、妊娠経過やお腹の赤ちゃんのこと、過ごし方についてご説明いたします。

     心身ともにデリケートな日々が続きますが、お腹に赤ちゃんを宿したばかりの今しかない妊娠初期のさまざまな思い💛オンラインではありますが皆様と共有できることを楽しみにしています。

  • わくわく妊婦クラス
  •  少しおなかが膨らんできた方、胎動が分かるようになってきた方、大きいおなかが大変だなと思うようになってきた方、「わくわく妊婦クラス」では、いろいろな時期の妊婦さんをお待ちしています。

     妊娠週数に応じた母体の変化と赤ちゃんの成長や、妊娠中に起こりやすいトラブルとマタニティライフ、妊娠中に起こる可能性があるトラブルの発見と対処方法、出産に向けた様々な準備と母乳育児などについてお伝えします。楽しい妊娠生活を送ることができるように、お手伝いさせていただきます。

  • 出産準備クラス
  •  出産まであと少し!日々大きくなるお腹の赤ちゃんを迎える日も近くなってきましたね。

     「出産準備クラス」では、出産前の準備、お産の兆候や連絡のタイミング、注意事項やお産のすすみかた、お産の時の過ごし方、呼吸法、リラックス法などを具体的にお話します。オンラインですが、呼吸法の練習も行います。

    お助けアイテムのお知らせや母乳育児についてなど、皆様が『ご自身のお産』を楽しめるお手伝いができればと思います。

     

  • ママ入門クラス♪♪
  •  「私の子育てってこれでいいの?」「育児の心配事を誰かに相談したい」「小さい赤ちゃんとどうやって遊ぶの?」ママは毎日いっしょうけんめい!!よく頑張ってらっしゃいますね!!

     赤ちゃんや子どもと向き合っていると「大丈夫?」「どうして?」と不安や心配はつきないですね。「ママ入門クラス」へ少し息抜きをしに参加されませんか? 保育士や心理士、看護師と一緒になって遊んだり、お話しにお越しください!!

     お会いできることを楽しみにしています。

ホットラインについて

 ホットライン利用対象者は、予期しない妊娠、経済的困窮、社会的孤立、DV、若年などの様々な背景があり、妊娠・出産について自身で相談や受診をすることが困難である方を対象としています。

  • 期間:5月25日(月)~7月31日(金)
  • ホットライン・新型コロナ対策ホットライン:月・水 070-1796-9143 / 火・木 090-8578-0963
  • 受付時間:実施期間の月・火・水・木曜の17:00-20:00
  • ホットライン対応者 大阪乳児院「おくるみ」プロジェクトマネージャー、関西医科大学プロジェクトマネージャーが対応いたします。

周産期施設や行政のみなさまへ

お母さまが通院される病院や施設によってママパパ教室の内容に多少の差異はありますが、私たちは、お母さまやご家族さまが今経験されていること、そして、これから経験されることの共通の部分について、大切な部分についてバランスよく情報を提供させていただく努力をしております。

ページの先頭へ