MENU

医学部:クラスアドバイザー/メンター制度

一人ひとりを丁寧にフォローし良医へと導きます。

1学年に1名のクラスアドバイザーならびに複数のメンター教員(学生約10人/教員)を配置しています。
メンターは定期的に面談を行い、生活状況や健康状態も含めて、修学上のトラブルを未然に防いでいます。メンターだけで対応できない場合は、クラスアドバイザー、医学教育センター、学生健康管理室や学生支援室とも連携し、包括的なサポート体制を実施しています。クラスアドバイザー/メンター制度は、これまで当たり前だった“教えっぱなし”の医学教育から脱却し、教員と学生の近さという特色を活かした“寄り添う”医学教育を目指しています。

主な役割

  • 学生生活上の様々な生活相談
  • 成績不振者を含めた修学上の学習相談
  • メンタルヘルスに関する相談
  • 進級・卒業に向けたコーチング

ページの先頭へ