MENU

キャンパスガイド

6年間のキャンパスライフを
楽しく過ごせる環境で
学生たちは学習・研究に全力で臨みつつ、
課外でも充実した時間を過ごしています。

講義室に食堂、研究施設、附属病院。学生生活に必要なすべてが、ひとつのキャンパスに詰まっています。
中心となる学舎は、2013年に新しくなったばかり。きれいで開放的な空間で、学生たちは日々いきいきと学んでいます。
近くには駅や河川敷公園があり、快適な環境を備えています。

キャンパスと周辺のマップ

キャンパス中央に位置する緑豊かな中庭

枚方学舎中央に位置する緑豊かな中には、北棟と南棟をつなぐ空中回廊が架かる。

 

300人を収容する加多乃講堂

南棟加多乃講堂は300人を収容可能。イスは可動式で、体育館としても使用できる。

 

枚方学舎の正面玄関前には芝生が敷き詰められ、植栽された木々を季節折々の花が彩り、正面玄関前にはオベリスクが学舎のシンボルとしてそびえ立つ。

1~4学年は南棟1階と2階に学年ごとに割り当てられた教室で、殆どの授業を行う。座席にはコンセントと手元ライト、室内は無線LAN環境を整備。

北棟には汎用機器から最新の機器まで幅広く備え、全学の研究者が利用することが可能な綜合研究施設が設置されている。

中央棟1階にあるオープンラウンジ。壁面はガラス張りで、室内には学年ごとの連絡用掲示板も。

枚方学舎3階と附属病院3階を結ぶスカイウェイ。

南棟4階には憩いの場、カフェテリアと屋上庭園。眼下には淀川の河川敷が見渡せる。

さまざまなメニューがそろう学生食堂は、お昼になると大にぎわい。

  

Googleインドアビュー


大きな地図で見る

SHARE

ページの先頭へ