MENU

学部・大学院

共通コース

講義シリーズ

大学院総合講義

大学院生として習得すべき、研究に不可欠な項目を開設します。また、講義には研究倫理や各種施設利用講習会を兼ねています。
大学院生は、大学院総合講義を5回以上の出席を要する。このうち「研究倫理と科学的研究方法、データストレージ」は必修のため注意すること。
(令和2年度以降入学生は「廃棄物処理の流れ」も必修とする。)

*大学院生は、授業開始後20分以降の遅刻は出席と認めません。
*講義に出席の際は、履修報告書A-1を持参し、講義開始前に「教育評価シート」を受け取り、講義終了後に提出してください。
*講義によって開講形式、開始時間、場所が異なりますので詳細は学務課大学院係に問合せてください。

大学院企画セミナー

大学院企画セミナーでは、毎年、注目のテーマを設定し、国内において先端的な研究を進められている研究者の方々をお招きします。
第一線の研究者の考え方、研究の進め方を学ぶ良い機会です。
大学院学生だけではなく学内教職員・学部学生の聴講も歓迎します。

なお、本学大学院生は必修科目の単位となっており、1、2学年で1回以上の出席が義務付けられています。積極的に参加して下さい。
(長期履修コース生は1~3学年で1回以上の出席が義務付けられています。)

*出席の際は、履修報告書A-2を持参してください。
*過去に出席済みの講義も再度受講できますが、出席のカウントは認められません。
*受講印の押印については、今年度より講義前に配付する「教育評価シート」に必要事項を記入のうえ、講義終了後に提出した者のみに行うので注意してください。
*各講義の20分以降の遅刻は認められませんので、ご注意ください。
*講義によって開始時間、場所が異なりますので詳細は学務課大学院係に問合せてください。

大学院講座

大学院講座への参加は、講義シリーズ必須出席回数のカウントに含めることが出来ます。
また、学内教職員・学部学生の聴講も歓迎します。

*出席の際は、履修報告書A-3を持参してください。
*過去に出席済みの講義も再度受講できますが、出席のカウントは認められません。
*講義によって開始時間、場所が異なりますので詳細は学務課大学院係に問合せてください。

研究技術シリーズ

研究技術シリーズは基本的な実験技術や医療・生物統計を学ぶ内容となっています。

*大学院生は、授業開始後20分以降の遅刻は出席と認めません。

*講義に出席の際は、履修報告書Bを持参し、講義開始前に「教育評価シート」を受け取り、講義終了後に提出してください。
*過去に出席済みの講義も再度受講できますが、出席のカウントは認められません。
*講義によって開始時間、場所が異なりますので詳細は学務課大学院係に問合せてください。
 

ページの先頭へ