MENU

学部・大学院

カリキュラム

4年間の到達目標と主な科目

4年間の到達目標

1学年

  • 人々と生活・健康・生命の尊厳について学び、援助関係を構築する基礎的な能力を身につける。

2学年

  • 健康課題の成り立ちと生活との関連について理解し、健康支援に向けた看護の方法を学ぶ。

3学年

  • あらゆる健康状態に応じた支援をするための看護の方法を身につける。

4学年

  • 人の健康状態に応じ、その人がもつ力を発揮できるよう生活を調整する。

主な科目

1学年

医療人ガイダンス

医学の歴史と現状及び今後の課題、医の倫理、さらに本学の歴史、建学の精神や地域特性について学び、医療者としての役割・責務について理解する。学生が、入学早期から医学部との合同講義を通して互いの専門性を理解するとともに、看護学を学ぶ動機付けとする。

生活者について学ぶ

地域・集団・コミュニティで暮らす人々の理解を深め、看護職が人々の健康と生活に向けて果たす役割について理解する。まず、生活者として自分自身の暮らしぶりを見つめなおす。生まれ育った土地や環境、現在の住環境、食生活の変化と健康状態の関係等々のセルフアセスメントから始める。次に、友人や親戚等々の周りの人々を観察することで、暮らし全般についてアセスメントを進める。それらを通して、人々がよりよく生きていくために必要な看護の機能と役割について考察を深める。

人体のしくみ

人体のしくみにおいては、人体を構成する細胞、組織、各臓器の形態・構造について学び、健康の回復や保持増進に向けた支援を理解する素地を身につける。そのため、機能形態学を基本とし、循環器系、消化器系、呼吸器系など各系統における医療に実践に必要な解剖学を学ぶ。

2学年

生活機能学

本科目は、生活の観点から人々の健康状態を分析的に判断し、対象者に適した看護の必要性を導き出すための知識、技術、態度を習得することを目的とする。そのため、人々が成長発達していく中で直面する加齢や疾病などの影響による生活機能の低下を、人体の構造と機能・病態・治療と結び付けて理解し、ケアを見出す基礎的能力を身につける。

地域生活援助論実習Ⅰ

さまざまな地域の特色を理解したうえで、人々のヘルスニーズに応じた保健医療福祉活動の特性を理解する。地域看護の実践機関における保健師の活動内容、役割について理解する。

3学年

地域生活援助論実習Ⅱ

地域生活援助論実習Ⅰで学んだ知識・技術を活用し、さまざまな地域の特色を理解したうえで、人々のヘルスニーズに応じた保健医療福祉活動の特性の理解を深め、実践に結びつける。実習の場として、地域包括支援センターにおける高齢者の状況および、産業保健分野の活動について学び、保健機関との連携について考察する。

4学年

グローバルヘルスと国際看護

人々が暮らす地球のあらゆる環境の中で生じている健康問題について学び、看護が貢献できることは何かを理解する。人々が暮らすコミュニティにおける医療・福祉・保健行政の特徴、社会と人々の暮らしや文化が、どのように影響しているか理解する。さらに、国内外における文化の多様性を理解・尊重し、背景の異なる人々の健康や生活を人々の視点で支援するための方法を学ぶ。

ページの先頭へ