MENU

学部・大学院

理念・目標

修士課程

理念

関西医科大学大学院医学研究科医科学専攻の修士課程は、医学部医学科以外の出身者を対象に、医学に関連する生命科学の基礎並びに先端医療に関する専門教育を行うことにより、それぞれの出身領域の知識を医療の場へと有機的に結びつけることのできる、これからの医学研究・医療を支える人材を育成することを理念とする。

目標

幅広い知識と技能の修得:
 医学部医学科以外の修了生を対象に、幅広い医学の基礎知識を基盤として、最先端の医学研究に触れることで、基礎的医学研究能力を養う。
高度専門職業人の育成:
 豊かな人間性と広い学識を併せもち、今後の多様な医学・医療関連分野で活躍できる高度専門職業人を育成する。
社会貢献:
 自らの学修成果をもって、次世代の医学・医療の発展に寄与するとともに、地域社会に貢献する人材を養成する。

博士課程

理念

関西医科大学大学院医学研究科医学専攻の博士課程は、基礎医学・社会医学・臨床医学系を融合した高度に専門的な各専攻系研究分野において、医学に関する基礎生命科学の基礎理論並びに先端医療への応用を学習・研究することにより、医科学研究者として自立し国際的に研究活動を行うに必要な高度の研究能力と、指導的立場たるにふさわしい豊かな学識および人間性を養うことを理念とし、次の目標を掲げる。

目標

医学研究の推進:
 世界的研究拠点を形成して生命現象の真理を探究し、世界的水準となる医学研究成果を創出する。
医学研究者の育成:
 国際的視野に立って独創的な研究活動を行い、後進を指導する能力、豊かな人間性と広い学識を併せもつ優れた医学研究者を育成する。
高度専門職医療人の育成:
 高度かつ専門的な医療知識・技術を修得し、診療に根ざした臨床研究を展開する能力をもつ指導的医療人を育成する。
社会貢献:
 基礎医学・社会医学・臨床医学研究の成果を医療等に応用し、人類の健康増進と福祉向上に寄与するとともに、知的財産として活用し、以て一般社会に還元する。

ページの先頭へ