MENU

学部・大学院

3つのポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 高い倫理観を基盤に、自らの看護の力について語れる人
  2. 看護実践で生じる様々な現象や課題を見極め、看護の質向上に寄与したい人
  3. 看護あるいは保健・医療・福祉・教育における新たな問題を自主的に解決したい人
  4. 実践に根ざした研究課題に取り組むために必要な研究方法を学びたい人

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

 医科大学の中の看護学研究科として、附属医療機関をはじめ、総合クリニックや訪問看護ステーションなど、様々な医療提供ができる施設を併せ持つ本学の特徴を最大限に活かした科目で構成する。

共通

  1. 人を理解し、他者とつながるための学習を通し、自らの気づきや考えを自由に表現し行動に移すことができるよう支援する
  2. 自己の健康や生活に目を向けながら、初年度から地域生活課題の探究や地域の中で取り組む学習内容を提示する
  3. 他者や社会を身近に感じ考えることができる医療人の育成を目指した科目の配置や生活の中の医療を体験的・系統的に学ぶ授業展開とする
  4. 健康が人の生活と文化・歴史と密接に関係していると体感できるよう、生命・健康・生活に着目した学習内容を提示する

高度実践看護師コース

  1. 人々の多様な状況・背景を理解し、高度看護実践力を獲得するために、実習環境を整える
  2. 学生が自ら実践力を客観的に判断し高度看護実践へと導くため、シミュレーション教育を積極的に導入する

臨床看護教育者コース

  • 看護基礎教育、新人教育、継続教育等の看護教育を受ける者の発達段階やレディネスに応じた教育が展開できるよう、環境を整える

研究者コース

  • 一連の研究プロセスを重点的に学び、研究を遂行するために、研究課題を焦点化する目的で演習(フィールドワーク等)を配置する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

共通

  1. 保健・医療・福祉・教育に関する情報を多面的に収集し、科学的・論理的に考察し、多職種と協働できる
  2. 看護実践および教育と関連した研究課題について探究できる
  3. 人々の生活の質(Quality of life:QOL)のため、看護実践の変革に寄与できる

高度実践看護師コース

  1. 医療の専門家であるという自覚と高い倫理観に基づいた高度看護実践を提供できる
  2. 地域で暮らす人々の歴史や環境を理解し、生活に根差した健康の維持・推進のため系統的な高度看護実践を提供できる
  3. 高度先進医療を受ける人々、さらに受けた人々の多様な状況・社会背景を理解し、中・長期的な視野での高度看護実践を提供できる

臨床看護教育者コース

  1. 看護職の看護実践能力育成のため、エビデンスに基づく体系的な教育プログラムを開発できる
  2. 看護職の能力開発のため、個別または集団への教育や支援ができる

研究者コース

  • 実践に根差した研究課題に必要な研究方法を用い、研究に取り組むことができる

ページの先頭へ