MENU

入試情報

奨学金制度

「医師になりたい」、「研究者になりたい」。
夢で終わらせないでほしいから……

医師を志す若手のみなさんを、経済的な面からもサポートする奨学金制度を用意しています。
あなたの決意の先には、明日の医療をつくる力、新たな医学的発見の可能性があります。
ぜひ、夢のため、社会のために、医人への道へ挑んでください。

関西医科大学学生奨学金

入学後の家計急変により学資の支弁が困難になった学生または卒業後本学に勤務することを希望する学生で、学業成績及び人物性行の良好な2 ~ 6 学年の学生を対象に、審査を経て貸与します。
貸与額は学納金のうち授業料及び実験実習費の合計額280万円以内としています。
ただし、日本学生支援機構奨学金貸与者は、その年額を差し引いた額面以内とします。

関西医科大学学生奨学金(特別枠入学)

特別枠で入学した学生に対し、在学する6年間、毎年100万円を限度に貸与します。
卒業後、本学での初期臨床研修期間と本学が指定する医師不足地域・診療科に勤務する期間を合わせて10年間勤務すれば、奨学金の返済を全額免除します。

研究医養成コース貸与奨学金

3学年から研究医養成コースに選抜された学生(4名)に、3~6学年まで毎年100万円を4年間貸与します。
本学大学院に進学し、基礎社会系講座で研究活動を行ない、修了した者は奨学金の返済を全額免除します。

関西医科大学特定診療科勤務を条件とする奨学金

学業成績が優秀及び人物性行が良好で、本学での初期臨床研修を優先志願し、引き続き本学 附属病院の特定診療科(外科・麻酔科・救急医学科)に3年以上勤務することを希望する5・6学年の学生を対象に、審査を経て貸与します。
貸与額は授業料の2分の1相当額とし、毎年120万円を限度に最長2年間貸与します。
貸与人数は5・6学年各特定診療科に原則5名以内とします。
卒業後、貸与条件を満たせば、奨学金の返済を全額免除します。

関西医科大学慈仁会給付奨学金

学業成績が優秀及び人物性行の良好な2~6学年の学生を対象として審査を経て給付します。
給付額は月額5万円で各学年前年度の上位3名が対象となります。

日本学生支援機構奨学金(貸与)

経済的理由により修学困難な学生に対し学内で希望者を募り、日本学生支援機構に申請します。
奨学金の種類は第1種(無利子)と第2種(有利子)があり、機構からの推薦依頼数内で、機構の基準に則り採用されます。
貸与額は第1種は自宅通学が月額3万円または5万4千円から、自宅外通学が月額3万円または6万4千円から選択、第2種は月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円、16万円から選択となっています。

その他学外奨学金

全国の色々な奨学金が紹介されています。〔平成30年8月2日更新〕

← 下記の表は左右にスライドできます。 →

(2016年度実績)
種類 定員 1学年 2学年 3学年 4学年 5学年 6学年
関西医科大学学生奨学金 1 0 2 1 0
関西医科大学学生奨学金(特別枠) 各10 9 10 9 4 5 6
研究医養成コース貸与奨学金 各4 0 1 2015年度より貸与開始
関西医科大学特定診療科勤務を条件とする奨学金 各5 0 2
関西医科大学慈仁会給付奨学金 各3 3 3 3 3 3
日本学生支援機構奨学金(貸与) 9 10 14 13 15 11

ページの先頭へ