MENU

Webメディア等掲載情報

2018.9.11更新 m3.com
小児向け診療所における、患者さんや家族から職員への暴言・暴力・セクハラ・嫌がらせの実態に関して初めて行われた全国調査に関して、看護学部三木明子教授が個別事例の詳細や有効な保安策について解説したコメントが掲載されました。また、三木教授が作成した暴力防止ポスターも合わせて紹介されました。
2018.9.5更新 日経メディカル
7月に鹿児島で開催された第73回日本消化器外科学会総会ワークショップ「集学的治療は微小転移を制御できるか? 」の中で、外科学講座海堀昌樹診療教授が「肝癌に対するソラフェニブを用いた集学的治療」の有効性に関する報告を行ったことが取り上げられました。
2018.9.4更新 m3.com
小児向け診療所における、患者さんや家族から職員への暴言・暴力・セクハラ・嫌がらせの実態に関して初めて行われた全国調査の速報値が、第28回日本外来小児科学会年次集会で報告されたことを受け、報告者である看護学部三木明子教授による考察やコメントが、調査結果と合わせて掲載されました。
2018.8.29更新 日経メディカル
特集「再生医療はここまで来た!」『「消える人工皮膚」で難治性潰瘍を治癒させる』において、今年4月に医療機器として承認された機能性人工皮膚(商品名 ペルナックGプラス)が取り上げられ、研究・開発に携わった形成外科学講座森本尚樹准教授が従来品の課題や開発背景、新製品のメリットなどを紹介。「人工材料で生体内の細胞を刺激することで再生を促す方法が実臨床にマッチする面もあるのではないか」とのコメントが掲載されました。
2018.8.21更新 看護roo!
看護師が患者さんやその家族から受ける暴力・ハラスメント被害を取り上げた記事で、看護学部三木明子教授の、なぜそのような被害が起きるのかや、被害を受けた看護師が取るべき対応、病院が組織として取り組むべき事柄などに関する解説インタビューが掲載されました。
2018.7.18 更新 大学ジャーナルオンライン
iPS・幹細胞再生医学講座の薗田精昭客員教授らの研究チームが、世界で初めて ヒト臍帯血由来造血幹細胞の純化に成功したことが紹介されました。
2017.9.18更新 Asa-JO
健康フードとして注目を集めている野菜「ビーツ」に関する記事中で、ビーツに含まれる「ラフィノース」摂取の効果を調べた本学小児科と森永乳業株式会社栄養科学研究所の実験結果レポートが取り上げられました。
2017.8.6 更新 Medical Tribune
リレーエッセイ『時間の風景』に、自身の腹腔鏡手術との出会いから腹腔鏡技術認定制度が作られた経緯と現状、そして外科手術における術者の動きを分析する試みに関する腎泌尿器外科学講座松田公志教授のエッセイ「外科医の技術を評価分析する」が掲載されました。
2017.6.27 更新 大学ジャーナルオンライン
附属生命医学研究所侵襲反応制御部門廣田喜一学長特命教授らの研究チームが、 局所麻酔や神経ブロック麻酔の副作用として知られる神経障害の発生メカニズム を解明したことが取り上げられ、局所麻酔時の神経障害リスク抑制にもつながる 可能性があることが紹介されました。
2017.2.24 更新 大学ジャーナルオンライン
形成外科学講座楠本健司教授、覚道奈津子講師らの研究チームが、患者さんの脂肪幹細胞を用いる新たな乳房再建術の臨床研究を開始したことが取り上げられ、皮膚を大きく切開せずに乳房を再建できること、傷跡が目立ちにくいことなど、この術式のメリットが紹介されました。
2016.8.1 更新 m3.com
夜尿症診療を取り巻く状況の変化について小児科学講座金子一成教授(日本夜尿症学会前理事長)が取材を受け、原因や治療を受けるメリットなどについて解説しました。
2016.7.20 更新 教育新聞
日本夜尿症学会策定の「夜尿症診療ガイドライン」改定に伴ってセミナーが開かれ、小児科学講座金子一成教授が同学会理事長として登壇したことが紹介されました。
2016.4.21 更新 日経メディカル
リポート・特集「喘息管理で困ったら吸入ステロイドは鼻から呼出」において、喘息患者に高確率で併発する好酸球性副鼻腔炎が取り上げられ、耳鼻咽喉科・頭頸部外科学講座朝子幹也准教授が喘息との関係性やその診療についてコメントしました。また、鼻と気管支を同時にケアする本学附属病院の気道外来や、朝子准教授らが立ち上げたAirway Medicine研究会が紹介されました。
2016.4.17 更新 大学ジャーナルオンライン
腹膜に転移したすい臓がん患者に対する、世界初の治療法を臨床試験中の外科学講座里井壯平准教授らの研究チームが取り上げられ、研究論文が「Annals of Surgery」に掲載されたことや、里井准教授の「工夫を重ねて治療成績を改善し、次の20年で5年生存率を30%まで高めることを目標にしている」とのコメントが紹介されました。
2015.2.9 更新 HEALTH PRESS
認知行動療法をベースとすることで頑張らずに長く続けられる減量法「メンタルダイエット」のメリットや進め方が紹介され、健康科学教室木村穰教授の「(メンタルダイエットは)「やればできる!」とモチベーションが確実に強まる」などのコメントが掲載されました。
2015.1.29 更新 Webマガジン「週刊がん」Vol.422
手術ができないと診断された「進行」「超進行」肝細胞がんを分子標的薬で縮小し、手術を可能にする治療法が紹介され、その中でこの治療法の特徴やメリット、過去の症例、最新情報などに関する外科学講座海堀昌樹准教授のインタビュー記事が掲載されました。
2014.7.31 ITpro Active
日経デジタルヘルス主催・デジタルヘルスAcademy「『ウエアラブル』の本質を議論する」で「健康科学の専門医が指摘するウエアラブルへの要望」をテーマに講演した、健康科学講座木村穣教授が紹介されました。
2014.6.4 日経テクノロジーオンライン
身につけたまま心拍や血圧などの生体情報を収集できるウエアラブル端末の現状や、その普及による健康科学領域の変化、受けられる恩恵について、健康科学講座木村穣教授のコメントが掲載されました。
2013.7.5 日経メディカルオンライン
「加齢黄斑変性に新しい治療法が続々」というテーマの特集で、iPS細胞を用いた治療の実用化に対する眼科学講座の高橋寛二教授のコメントが掲載されました。

ページの先頭へ