MENU

センター長挨拶

各附属病院の地域医療連携強化を推進します。

 今後の日本の医療において、各医療機関が本来の機能を最大限に発揮するためには、急性期、回復期、在宅、その他の専門分野の診療特化と、それらが適切に連携できる環境を整備することが重要であると言えます。このような状況下で、国の施策としても、医療機関が密に連携する体制の強化が推進されています。そこで、本学では平成24年4月1日に「関西医科大学地域医療センター」(以下、「センター」という)が設置されました。

センターの役割は、法人が地域医療連携業務を推進するための企画、立案及び統合調整です。附属病院、総合医療センター、香里病院、天満橋総合クリニック(以下、「各附属病院」という)の地域医療連携部は、センターが企画、立案した事項を具体化し、実施することを目的としています。各附属病院は、互いに協力して地域連携を推進することで、地域住民の方々が症状に応じた適正な医療機関を受診していただけるよう鋭意努力するとともに、安心で安全な医療を提供する使命を果たします。

地域医療センター長 谷川 昇

ページの先頭へ