MENU

学部・大学院

脳神経外科学

脳神経外科学講座は1966年開講の伝統ある講座で、第3代河本圭司前教授のあとを引き継いで本年4月より私(淺井)が担当させていただいております。脳神経外科は脳腫瘍、脳血管障害(脳卒中など)、頭部外傷、背髄疾患、てんかん、神経系奇形などを診断、治療、研究する科です。当講座では脳神経外科領域の臨床、研究、教育、とりわけハイレベルの手術教育に力を入れています。実際の手術室ではもちろんのこと、AV機器やシュミレーターを用いた手術指導、cadaver dissection(屍体解剖)による手術指導にも重点をおいています。この領域の指導者になれるような人材の育成を目指しています。研究は臨床の問題点に根差した研究に重点をおいています。今後、脳神経外科領域の難病(膠芽腫、脳卒中後の後遺症)に対するトランスレーショナルリサーチを推進していく予定です。そこから派生してくる基礎研究も奨励します。

現在の研究テーマ

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 脳神経外科学講座
電話 教授室 072-804-2776(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2502

関連

医学部 脳神経外科学講座
大学院 医科学専攻 脳神経病態治療学

ページの先頭へ