MENU

学部・大学院

脳神経外科学

脳神経外科学講座は1966年開講の伝統ある講座で、第3代河本圭司前教授のあとを引き継いで本年4月より私(淺井)が担当させていただいております。脳神経外科は脳腫瘍、脳血管障害(脳卒中など)、頭部外傷、背髄疾患、てんかん、神経系奇形などを診断、治療、研究する科です。当講座では脳神経外科領域の臨床、研究、教育、とりわけハイレベルの手術教育に力を入れています。実際の手術室ではもちろんのこと、AV機器やシュミレーターを用いた手術指導、cadaver dissection(屍体解剖)による手術指導にも重点をおいています。この領域の指導者になれるような人材の育成を目指しています。研究は臨床の問題点に根差した研究に重点をおいています。今後、脳神経外科領域の難病(膠芽腫、脳卒中後の後遺症)に対するトランスレーショナルリサーチを推進していく予定です。そこから派生してくる基礎研究も奨励します。

脳神経外科領域の難病(膠芽腫、転移性脳腫瘍、脳卒中)に対するトラスレーショナルリサーチ

脳神経外科学講座は脳腫瘍、脳血管障害(脳卒中など)、頭部外傷、脊髄疾患、てんかん、神経系奇形などを診断、治療、研究する講座です。現在特に力を入れているのは悪性脳腫瘍と脳卒中の研究です。悪性脳腫瘍は様々な悪性疾患の中でも目立った予後改善がない難治性疾患のひとつです。外科的治療としては、脳機能マッピングによる覚醒下手術、蛍光ガイド下手術、電気モニタリング、ニューロナビゲーションや神経内視鏡を用いて、安全かつ確実な摘出を行うことで、手術成績は向上しています。しかし、グリオーマは強い浸潤能を有し、腫瘍を完全に切除することは困難で、新たな治療方法の開発が必要です。がんの本質かつ治療の抵抗性の原因として、がん幹細胞の存在が提唱されています。我々はグリオーマのがん幹細胞を単離し、がん幹細胞の維持に関わる分子機構の解明ならびにがん幹細胞を標的とした治療法の開発を目指しています。

現在の研究テーマ

現在の研究テーマ

膠芽腫に対する免疫治療の開発

 がん治療において近年、免疫治療の有効性が証明されています。従来脳は脳血液関門が存在し、免疫特権(immune privilege)な臓器と考えられてきました。一方で脳腫瘍患者の血液中には腫瘍抗原特異的なT細胞が存在し、腫瘍内にもリンパ球の浸潤が認められます。これまでに腫瘍のライセートを用いた樹状細胞療法を行い一定の効果を得ました。しかし、抗原枯渇のため持続的な治療継続が困難なことやがん幹細胞への特異性が低いという問題があります。グリオーマは腫瘍微小環境において強い免疫抑制機構を有しており、有効な免疫応答が起きにくいです。そこで我々はグリオーマがん幹細胞が有する免疫抑制機序の解明ならびにグリオーマがん幹細胞を標的とした樹状細胞治療の開発を目指して内科学第一講座と共同で基礎研究を行っています。

転移性脳腫瘍の分子機構の解明

 がん治療において分子標的薬の発展により、生存期間が延長しています。一方で脳転移患者の数は増加傾向にあります。しかし、脳転移を抑制する薬や脳転移に対する特異的治療はありません。脳転移は複数の過程を経て形成されますが、がん幹細胞が重要な役割を果たしていると考えられます。我々は、脳転移巣よりがん幹細胞を単離し、マウスに心注することで、脳転移マウスモデルを作成しました。脳転移を形成することより、brain-metastasis-initiating cells(BMICs)と命名されます。BMICsの維持に関わる分子機構の解明ならびに転移に関わる複数の過程をin vitro, in vivoで検証していくことで、新規治療法の開発を試みています。

手術支援機器の開発

 安全かつ確実な手術を行うためには、手術支援機器の開発が重要と考えます。脳血管は屈曲蛇行した走行をしていて、2Dで把握するのは困難な場合があります。各患者においてもバリエーションが多くあります。脳動脈瘤や脳動静脈奇形の治療においては、3Dでの病態把握が特に重要です。我々は術前に3Dプリンターを用いて、実物大での造形を行って術前シミュレーションを行っています。また術中においてもガイドワイヤーやマイクロカテーテルのシェイピングを行っています。

膠芽腫の抗浸潤療法の開発

 グリオーマが治療困難である原因としてその強い浸潤能力があります。しかし、浸潤を抑制する治療はいまだ存在しません。グリオーマの浸潤過程をex vivoでリアルタイムなモニタリングを行い新規治療法の開発を試みています。また細胞の生理的機能において重要な役割を果たしているイオンチャネルに注目しています。イオンチャネルは、がんの浸潤・転移に関わると考えられており、生理学教室との共同研究で、手術検体で得られたグリオーマ細胞を用いて、パッチクランプ法を用いて全細胞電流を測定し、新規治療標的となるイオンチャネルの同定を試みています。今後は、同定したイオンチャネルに対する阻害薬を用いて、抗浸潤療法の臨床応用を目指します。

連絡先

〒573-1010 枚方市新町二丁目5番1号
関西医科大学 脳神経外科学講座
電話 教授室 072-804-2776(ダイヤルイン)
FAX 072-804-2502

関連

医学部 脳神経外科学講座
大学院医学研究科 医科学専攻 脳神経病態治療学

ページの先頭へ