MENU

学部・大学院

国際看護学領域

世界のすべての人に、良質な看護を提供するために

■領域概要

 国際看護学は、今の社会が抱える課題を明らかにして、看護が人々の健康にどのようなアプローチで貢献できるかを考えていきます。多様な価値観や異なる文化の中で、日本に暮らす人、旅行をしている人なども含め、世界のすべての人々に対して私たちは質の高い看護を提供する必要があります。

 さらには、国際的な枠組みの中での他職種との協力体制や、高度な知識と技術をもった看護職のグローバルな連携が期待されています。

 担当教員は、近藤麻理(教授)、畠中香織(講師)、山本容子(助教)です。


近藤麻理教授

 途上国の人たちを助けることや国際協力活動をすることが、国際看護学というとらえ方は狭すぎると思っています。グローバルな視点から人々の生活と健康を知り、看護や私たちの未来を一緒に考えてみませんか。

山本容子助教

 グローバル化する世界において、国際看護の舞台は必ずしも海外だけではありません。いまや私たちのすぐそばにあります。

 世界の人々の健康維持・増進のために、グローバルな視点で多様な人々の健康課題を捉え、実践と研究を積み重ねながらこれからの看護について探求しませんか。

畠中香織講師

 アメリカ・オレゴン州の看護師免許を取得し、急性期病棟で勤務をしていた時、言葉や文化は異なっても、看護には国境を超えて共通するものがあることを実感しました。そして看護を通じて、周囲のアメリカ人からサポートを受け、患者へ安全な援助を提供することができました。

 今、日本では多くの外国人が、ケア現場で就労しています。私のアメリカでの経験をもとに、外国人との協働やサポート、異文化間ケアについての研究を進めています。グローバル化が進むケア現場に求められる看護について、一緒に考えていきましょう。

連絡先

■看護学部
〒573-1004 枚方市新町2-2-2
関西医科大学 看護学部
TEL 072-804-0101(代表)


■看護学研究科
〒573-1004 大阪府枚方市新町2-2-2
関西医科大学 大学院 看護学研究科
TEL 072-804-0205、072-804-0207(事務室直通)
E-mail nursing@hirakata.kmu.ac.jp (事務室代表)

ページの先頭へ