MENU

学部・大学院

国際看護学領域

グローバルに看護を実践するための一歩を踏み出すために

■領域概要

 国際看護学は、社会が抱える健康課題をグローバルな視点で捉え、看護が人々の生活や健康にどのようなアプローチで貢献できるのかを考えていきます。多様な価値観や異なる文化の中で、私たち看護職は世界のすべての人々に対して質の高い看護を提供することが求められています。

 国際看護という言葉に、海外の保健医療現場で活動をする看護師の姿を想像するかもしれません。しかし、訪日外国人や在留外国人が急速に増加するいま、私たちが暮らす日本はすでに多様な共生社会であり、人種や民族、宗教などの枠を超えたグローバルな看護を実践する場へと変化しつつあります。

 すべての人々に良質な看護を提供するためには、高度な知識と技術だけでなく国際的視野を持った看護職と多職種との連携が期待されています。国内外でグローバルな看護を実践するための新しい一歩を共に踏み出してみませんか。


近藤麻理教授

 途上国の人たちを助けることや国際協力活動をすることが、国際看護学というとらえ方は狭すぎると思っています。看護職は、グローバルな視点から人々の生活と健康を知り、どのような健康課題があるのかを分析し、実践することができます。それは、看護職であれば世界中の人に向けても可能なことなのです。

 その時に、私たちが豊かな先進国の何かをしてあげる人ではなく、地球に生きるみんなが”お互いさま”という思いで、協力し合うことができれば良いなあと思っています。これからの看護や、私たちの未来を社会を世界を一緒に考えてみませんか。

山本容子助教

 日本の臨床現場をはじめ開発途上国の保健医療現場において、ある時は看護師、ある時は開発コンサルタント、またある時は専門家として多様な背景を持つ人々と共に看護活動を行って参りました。一期一会の精神を大切にしながら、人々の健康維持・増進に向けてより良いケアが提供できるようこれからもチャレンジしていきたいと考えております。

 研究テーマは、サブサハラ・アフリカ地域の児童を対象に子どもたちの生活や健康、人生に大きく影響する「生きる力(ライフスキル)」に関する研究を行っています。また、保健・教育・農業分野の研究者と連携し、途上国の教育開発に関する分野横断的研究にも取り組んでいます。

畠中香織講師

 アメリカ・オレゴン州の看護師免許を取得し、急性期病棟で勤務をしていた時、言葉や文化は異なっても、看護には国境を超えて共通するものがあることを実感しました。そして看護を通じて、周囲のアメリカ人からサポートを受け、患者へ安全な援助を提供することができました。

 今、日本では多くの外国人が、ケア現場で就労しています。私のアメリカでの経験をもとに、外国人との協働やサポート、異文化間ケアについての研究を進めています。グローバル化が進むケア現場に求められる看護について、一緒に考えていきましょう。

連絡先

■看護学部
〒573-1004 枚方市新町2-2-2
関西医科大学 看護学部
TEL 072-804-0101(代表)


■看護学研究科
〒573-1004 大阪府枚方市新町2-2-2
関西医科大学 大学院 看護学研究科
TEL 072-804-0205、072-804-0207(事務室直通)
E-mail nursing@hirakata.kmu.ac.jp (事務室代表)

ページの先頭へ