MENU

学部・大学院

3つのポリシー

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

求める学生像

豊かな感性と教養をもち、看護学の向上に努め、地域社会や国際社会に貢献できる看護師、保健師、助産師を育成するため、次のような人を求めています。

  1. 看護学を学ぶために必要な基礎学力を有する人
  2. 自己の能力を的確に判断し自ら学ぼうとする人
  3. 生命をこの上なく大切に感じることができる人
  4. 人に関心があり、人の可能性を信じることができる人
  5. 人の健康や生活に関心がある人
  6. 看護の力を通して社会に貢献する意欲がある人

本学入学までに求める学習成果

入学する学生には、高等学校等における教育課程により習得した基礎学力を、より高度な学びへと展開できるように、次のような能力を求めます。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力と学ぶ力
  2. 読解力、創造力、思考力、論理的表現力
  3. いのち、健康、生活について柔軟に考える力
  4. 多様な人々と協調、協力して物事を成し遂げようとするコミュニケーション能力
  5. 社会において活躍できる行動力

入学者選抜の基本方針

高等学校での学習の達成度と看護学を学ぶにあたり必要な基礎学力を備えているかを総合的に判断します。受験生のもつ資質や適性に応じて、推薦入学試験、一般入学試験、センター試験利用入学試験を実施します。

推薦入学試験

基礎学力試験により、基礎学力を評価するとともに、小論文では、読解力、創造力、思考力、論理的表現力、面接ではコミュニケーション能力、学問に対する熱意や積極性、協調性等について総合的に評価します。

一般入学試験

学力試験(英語、国語を必修科目とし、数学・生物・化学から1科目選択)により、基礎学力を総合的に評価します。小論文では読解力、創造力、思考力、論理的表現力を備えているかを評価します。

センター試験利用入学試験

大学入試センター試験により基礎学力を総合的に評価し、小論文では読解力、創造力、思考力、論理的表現力を備えているかを評価します。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

人々の生活に根ざした看護実践を学べるように授業科目を「基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」で編成し、以下をカリキュラム・ポリシーと定めています。
  1. 人を理解し、他者とつながるための学習を通し、自らの気づきや考えを自由に表現し行動に移すことができるよう支援する
  2. 自己の健康や生活に目を向けながら、初年度から地域生活課題の探究や地域の中で取り組む学習内容を提示する
  3. 他者や社会を身近に感じ考えることができる医療人の育成を目指した科目の配置や生活の中の医療を体験的・系統的に学ぶ授業展開とする
  4. 健康が人の生活と文化・歴史と密接に関係していると体感できるよう、生命・健康・生活に着目した学習内容を提示する
  5. 人の生活に根差した実習と医科大学附属病院施設での実習および卒前インターンシップなどを通して、人が持つ力を高める看護実践能力が修得できる環境を整える
  6. 専門職業人および大学院学生との交流を通し、他職種との協働の重要性が理解できる環境を提示する
  7. 自らの専門性を問い続けることにより看護学を基盤としたキャリアデザインを描くことができるよう支援する

基礎科目は、自己洞察を含め、人間の健康と生命の尊厳について学び、看護を実践するために必要な倫理観と幅広い教養を身につけることを目的として科目を配置しています。

専門基礎科目は、人体の構造と機能、病態を理解すること、より良い社会をめざす社会制度を学び、看護が果たすべき役割について理解することを目的として科目を配置しています。

専門科目は、あらゆる発達段階・健康状態・生活の場にある人々が目指す生活を支援するための方法を学び、実践することと、看護専門職を目指すものとしての立ち位置を見出し、自己の課題にとり組むことを目的として科目を配置しています。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

卒業時までに身につけておくべき能力を修得した者に、学士(看護学)を授与します。
  1. 生命と人間の尊厳を基盤とし、高い倫理観を備え生涯にわたり成長できる。
  2. 専門職として自信と誇りを持ち、自分の役割を意識して行動できる。
  3. 看護学の学びを通して自ら真理を追究し続ける姿勢を持つことができる。
  4. 看護の力を信じ、未知なる可能性へと行動を起こすことができる。
  5. 社会と環境の変化を見据え、看護ができること・なすべきことに尽力できる。
  6. 地域の特性と健康課題を理解し、グローバルな視野を持つことができる。
  7. 人の生命・健康・生活を統合した看護実践能力を持つことができる。
  8. 看護者の責務を自覚し、他職種と協働できる。

ページの先頭へ